コンテンツの文章力強化!【SEOに強くなるテクニック】文章の最重要ルール

サイトアフィリエイトで稼ぐ講座 BY しょう太郎です。

読み手にわかりやすい文章を書かなければ、当然読んでもらえません。

『一文一義のルール』は、分かりやすい文章を書くための最重要ルールです。

今回は、分かりやすい文章を書くコツについてお話しします。


一文一義のルール

わかりにくい文章の原因は、

「一文が長い」「一文が複雑な構成になっている」という点です。

ここでお話しする「一文一義」とは、

一つの文では、たったひとつのことだけを書く、ということです。

難しく考えることなく、短く文を切って書くように心掛けましょう。

ただし、一文一義の文が続くと、

「短い文の連続で素っ気なく感じてしまう」「冷たい印象を受ける」

という場合もあります。

その場合には、読みにくくならない程度に、いくつかの文をまとめてもいいです。

その際には、一度「一文一義のルール」にしたがって修正した後で、

文をつなぎなおしていきましょう。


「長い文」と「短い文」のメリットとデメリット

分かりやすい文章を書くためには、「一文一義のルール」で書くことが大事です。

しかし、「一文一義のルール」が全てで効果的ということではありません。

そおで、「長い文」と「短い文」のメリットとデメリットを比べてみます。

hikaku1


長い文のメリット・デメリット

小説のような文章は「わかりやすく伝えたい」ところもある一方、

わざと「わかりにくく表現しておく」ところもあります。

これは、読者に想像させたり、考えさせたりするためです。

このように、長い文の「メリット」は、

情緒的な印象やおとなっぽい文章に感じたりします。

また、複雑な文章構成は格式高く感じます。

その反面「デメリット」は、複雑でわかりにくく感じることです。


短い文のメリット・デメリット

短い文の「メリット」は、

シンプルな文でわかりやすいことです。

また、スピード感がでます。

「デメリット」は、冷たい印象を与えたり、幼い文章に感じます。


文が長くなる原因は?

そもそも、文が長くなってしまう原因は何なのでしょうか?

これには、国語の授業を思い出してみましょう。

文には、以下の3つのタイプがあります。

それは、「単文」・「重文」・「複文」であり、それらの違いを理解しておきましょう。

【単文】は、主語と述語が1組だけ入っている文です。

例・・・Aさんが、〇〇しました。

【重文】は、主語と述語の組み合わせが複数あり、それらが並んでいる文です。

例・・・Aさんが〇〇して、Bさんが△△をします。

【複文】は、主語と述語の関係が複数あり、それらが並んでいない文です。

または、その一方が他方に含まれる文です。

例・・・Aさんは、Bさんが△△することになったと聞かされました。

つまり、「一文一義のルール」で書くということは、「単文」で書くという意味です。


さいごに

「一文一義のルール」は分かりやすい文を書くための『鉄則』です。

ただし、長い文と短い文のメリットとデメリットを理解した上で、

書き分けると効果が抜群に上がります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

下の画像をクリックして、人気ブログランキングの応援をお願いします。


人気ブログランキングへ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

【PR】

今だけ!値下げ決行!【初心者に嬉しい】画像編集マニュアル

【期間限定】LINEの人気スタンプが無料で手に入る!

お得な返礼品を貰おう!ふるさと納税

【無料登録】オススメのASPはココ!

女性が有利?ポイントサイト攻略マニュアル【無料】

奇跡的に文章力がアップする『魔法の〇〇集』プレゼント【無料】

【初心者でも安心】バイナリーオプションの自動攻略ツール(特典付き)

このページの先頭へ