3大SNSの特徴とツイッター攻略による宣伝

日本の3大SNSを比較し、

それらの特徴からツイッターの利点と宣伝効果について、

分かりやすくお話ししていきます。


3大SNSとは

SNS(social  networking  service:ソーシャル-・ネットワーキング・サービス)の中で、

日本で代表的なものを挙げると、

〇Facebook

〇Line

〇Twitter

であり、これらが「3大SNS」と呼ばれています。

これらをどのように活用するかは、それぞれの特徴を理解しましょう。

まず、それぞれの利点についてお話しします。












SNSの利点

スマホの普及率が急激に上がり、

情報化社会と言われる中、

便利なSNSは誰もが知っていることでしょう。

そのSNSの利用について眺めてみると、

次のように感じられます。

◇Facebookのユーザーは年配者に多い

◇Lineは若年層が活用している

◇一時は一世風靡したTwitterは衰えてはいません

長きに渡り活用されているツイッターについて、

少し詳しくお話しします。


Twitterの現状

私のように「見るだけ」というユーザーと、

書き込むユーザー(アクティブなユーザー)がいます。


アクティブユーザー数
Twitterに積極的に投稿しているユーザーは、どの位いるでしょうか?

国内ユーザー数 : 1,980万人(2014年調べ)
月間アクティブ率 : 60.5%

つまり、1,200万人ほどのアクティブユーザーがいることになります。

Facebookのアクティブユーザーが、およそ1,300万人なので、

ほぼ同じくらいなのです。

Facebookでもビジネスの展開はできるのですが、

ツイッターの方がビジネス向きといえるのです。


なぜビジネス向きなのか?

FacebookとTwitterを比較した場合、

圧倒的にTwitterの方がビジネスに活用しやすいんです。

なぜなら、知らない人とやり取りができる「気楽さ」が、

FacebookよりもTwitter の方が優れているのです。

つまり、Twitter > Facebook > Line の順番で、

SNSの利点であるコミュニケーションに対する「気軽さ」なのです。

例えば、Twitterで知らない人からフォローされたら、

怪しくない限りはフォローを返します。

では、Facebookで知らない人から友達申請(リクエスト)がきたら、

どうですか?

友達の友達だったら、なんとか承認するかも?ってくらいです。

Lineで知らない人から通知がきたら、

速やかにブロックか、もしくは無視!ですよね。

つまり、これはプライバシーの露出に影響するので、

その『プライバシー』が重視されている順番が、

「気軽さ」なのです。


ビジネスの「集客力」

ビジネスで「集客」する、とっかかりは、広く浅くです。

その、広く浅くという点からいうと、Twitterは最適なんですよ。

では、どれ程の「宣伝効果」に優れているのか、知ってますか?

それは、Twitter の特徴から分かることなんです。












Twitterの特徴

Twitter はログインしている人全員に、つぶやきが時系列的に表示されます。

リアルタイムに、どんどん「情報」が流れていくのがTwitter の特徴です。

Facebook のタイムラインも、似ているように思いますが、

Facebook の場合は、投稿が友達全員には表示されません。

これは、Facebook 独自のアルゴリズムがあり、

「親密度」の度合いで表示されたり、されなかったりするのです。

しかし、Twitter は確実に表示されるんです。

この特徴を生かすための重要なポイントについて、

触れておきましょう。


フォロワー集め

Twitter のフォロワーさんを集めていく際に、

同趣味の人や同好の人をフォロワーさんとして集めます。

例えば、

▷地域密着型の店舗さんならば、地域のフォロワー

▷ネット販売ならば、商品のファンのフォロワー

▷企業ならば、取引先のフォロワー

のような感じです。


つぶやく内容

次に、つぶやきの内容はどのようなつぶやきが、

効果あるのかを考えてみましょう。

▷店舗さんであれば、

「本日のランチは〇〇の▽▽です。・・・コーヒーサービスです」

▷ネット販売であれば、

「寒くなってきました。明日から送料無料セールを始めます」

▷企業であれば、

「新サービス始めました。今なら初期費用無料でご利用頂けます」

これじゃ、ダメなんです!

このつぶやきは、Twitter 向きとはいえないのです。

Twitter 向きのつぶやきはどのような内容にしたらいいのか?

ちょっとした『コツ』を教えます。


つぶやき内容の『コツ』

Twitter はリアルタイムの宣伝効果だけではなく、

コミュニケーションの手段としても優れています。

つまり、リアルタイムを生かして、

双方向のコミュニケーションが取れるようにつぶやくのです。

では、先ほどのつぶやきを変えてみましょう。

▷店舗さんなら、

「本日のランチは〇〇の▽▽!

返信で予約してくださった方にドリンクサービス」

▷ネット販売なら、

「助けて!入荷し過ぎましたので、本日緊急セール。

なくなり次第終了!リツイートで送料無料!」

▷企業なら、

「新サービス始めました。

初期費用無料とリツイート&いいねキャンペーン実施中」

どうですか、分かりますか?

単に宣伝広告としてつぶやくのではなく、

コミュニケーションとしての役割を持たせたつぶやきが、

効果を増大させるのです。

つまり、つぶやきを読んだ人に

「行動」を起こさせるような内容にするのです。

更には、これにハッシュタグなどを付けると、

より効果的なつぶやきになります。

もう一つ、Twitter のいいところは、

Twitter のつぶやきは「140文字」という制限があるので、

丁寧語でつぶやかなくても、不愉快にさせないところです。












まとめ

SNSをビジネスに活用する際に、

それぞれの特徴を理解することが大切です。

その特徴をより発揮することが、宣伝の効果を大にします。

Twitter では、相手のアクションを誘うようなつぶやきが、

より効果的に宣伝威力を発揮します。

次回から、実践に向けた準備をしていきましょう。

戻る

コメントを残す

サブコンテンツ

【PR】

今だけ!値下げ決行!【初心者に嬉しい】画像編集マニュアル

【期間限定】LINEの人気スタンプが無料で手に入る!

お得な返礼品を貰おう!ふるさと納税

【無料登録】オススメのASPはココ!

女性が有利?ポイントサイト攻略マニュアル【無料】

奇跡的に文章力がアップする『魔法の〇〇集』プレゼント【無料】

【初心者でも安心】バイナリーオプションの自動攻略ツール(特典付き)

このページの先頭へ