コンテンツの文章力強化!【SEOに強くなるテクニック】主語と述語をマスターする2つのコツ

サイトアフィリエイトで稼ぐ講座 BY しょう太郎です。

文章には必ず主語と述語があります。

英語では主語と述語はすぐそばにありますが、日本語は主語と述語が離れています。

最後まで読まないと結論がわからないのが、日本語の弱点といえるでしょう。

その対策こそが、主語と述語の使い方をマスターすることです。

その使い方をマスターする『2つのコツ』が、今回のテーマです。

bun1


主語と述語を近くにおく

文の中には、必ず主語と述語がセットで入っています。

そのため、使い方によっては、

途中まで読んで想像したことが、最後の最後にくつがえってしまう文もあります。

例・・・Aさんは、事務所の裏で電話している部長の姿を見ていた。

「Aさんは」という主語がでてきて、「事務所の裏で」と続くと、

「Aさんが電話していたのか?」と想像しながら読んでいきます。

ところが最後まで読むと、電話をしていたのは部長なのだということがわかります。

このように、読者を混乱させてしまうので、主語と述語は近くに配置しましょう。

読者に誤解を与えない文を心掛けましょう。


主語と述語のねじれをなくす

主語と述語がねじれている状態とは、

主語と述語の組み合わせが、正しくなっていない状態のことです。

例・・・私の目標は、今月の成約件数を先月の2倍にします。

主語は「私の目標は」なので、述語は「~です」となります。

上記の例文では、「私の目標は~にします」となってしまっており、

これを「ねじれた状態」といいます。

この状態だと、言いたいことが伝わらなくなってしまいます。

主語と述語の組み合わせを正しくすると、以下のように改善できます。

例・・・私の目標は、今月の成約件数を先月の2倍にすることです。

または、

例・・・私は、今月の成約件数を先月の2倍にすることを目標にします。

このように、主語と述語の組み合わせを正しく改善することが、

読者にわかりやすい文を書くコツになります。


さいごに

主語と述語の使い方をマスターする2つのコツは、

主語と述語を近くに配置する

主語と述語のねじれをなくす

これさえ気を付けると、わかりやすい文章が書けるようになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

下の画像をクリックして、人気ブログランキングの応援をお願いします。


人気ブログランキングへ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

【PR】

今だけ!値下げ決行!【初心者に嬉しい】画像編集マニュアル

【期間限定】LINEの人気スタンプが無料で手に入る!

お得な返礼品を貰おう!ふるさと納税

【無料登録】オススメのASPはココ!

女性が有利?ポイントサイト攻略マニュアル【無料】

奇跡的に文章力がアップする『魔法の〇〇集』プレゼント【無料】

【初心者でも安心】バイナリーオプションの自動攻略ツール(特典付き)

このページの先頭へ