ビジネス成功の手引き【ライティング】読んでもらえるサイトのたった3つのコツ

こんにちわー!しょう太郎です。

せっかくいい記事を書いても、ユーザーに読まれなければ価値はありません。

サイトに訪問してもらって、「何か感じがいいサイト!」と思われたら、

違う記事にも興味を示してくれたり、また再度訪問してくれることでしょう。

しかし、開いたサイトが・・・だったら、すぐに閉じられてしまうことでしょう。

どんなサイトが、読んでもらえるのか?をテーマにお話しします。


読む?読まない?

あなたのサイトが最後まで読んでもらえるってことは、

書き手としては、満足感や達成感につながっていきます。

コメントをもらったりして、新たなコミュニケーションができることでしょう。

でも現実には、ページまでうまく誘導できても、

読んでもらえない記事は、全く価値の無い記事になってしまっています。

読んでもらえる記事を書くためには、読んでもらえない記事の理由を知ることです。

fan1


読んでもらえない理由

まず、読み手は何らかの悩みや質問があって、その『答え』を探しています

その答えがココのサイトに書かれているだろう・・・と、思って

あなたのサイトにアクセスしてくるのです。

その『答え』がどこに書かれているのか分からないと、

どこまで読んでいけばいいのかなぁ?って、不安になってしまいます。

また文字ばかりが並んでいると、読み続けるのが得意じゃない人は苦痛になってきます。

小説は読みたくないけど、漫画や映画は好きな人は多いですよね。

文字が羅列されている状態を見るだけで、

そのサイトから離脱してしまう人も少なくないでしょう。

あと、むやみに文字を装飾している記事も、よく目にします。

読んでいて、何が大事なことなのかが分からなくなってきます。

一番は、読んでいて「疲れ」を感じてしまいます。

私だけでしょうか?


読んでもらえる記事のコツ

私が感じる「読まないワケ」をお話ししました。

つまり、以上の理由を解決させれば、読まれる記事に変わります。

〇 見出しを付ける 〇

〇 一行の文字数を意識して、ほど良い改行 〇

〇 読み手が初心者であると考える 〇

この3つのコツは、実践しておくべきと思います。


見出しを付ける

見出しとは「h3タグ・h4タグなど」を使用します。

記事の頭に『目次』として表示されていれば、

読み手は、どんな項目をどんな順序で伝えている記事なのかを把握できます。

また、知りたい記事に飛んで読むこともできます。

『見出し』があることは、ユーザーが求める情報をいち早く見つけてもらうことができます。


一行の文字数を意識して、ほど良い改行

様々な情報を伝えようと思い、あれもこれもと書いているうちに、

文章がダラダラと長くなってしまって、最終的に何を伝えたいのか?

を見失ってしまったりしたことありませんか?

読み手にとって、一文は、簡潔な方が読みやすいです。

また、説明が長くなってしまう時でも、一行の文字数は30文字くらいです。

記事作成終了後、あなた自身が声を出して読んでみることをオススメします。

私もいつもやっていますが、声を出して読むことで、

文章のリズム感に気付くことができます。

文を読んでいる途中の息遣いなどを考えながら、

改行を上手く使っていきましょう。


読み手が初心者であると考える

あなたがもし、医者などのような専門的分野で活躍している人であれば、

医学誌のような専門誌を読んでいけることでしょう。

私には、無理ですが・・・。

なぜなら、専門用語が並んでいて、何のことを言っているのかも分からないのです。

つまり、ユーザーは「知りたい」、「分からない」から、読んでくれるものです。

専門家ではなく『初心者』が多いことでしょう。

私のように、わからない専門用語が一つ出てくるだけで、

その文が何を伝えたいのか、わからなくなってしまう人はいると思います。

知りたい『答え』を伝えてあげるには、

誰にでも理解できる文章を心掛けることが大切です。

baby


今すぐ使える!

細かいことはたくさんありますが、上記のコツを取り入れておくと、

価値のあるページ(記事)になります。

「読んでもらえる」ページを書くことは、同時にSEOの成功にもつながります。


せっかく書いたあなたの記事が、読まれなければ存在しないのと同じです。

それが、インターネットの世界です。

検索エンジンからクリックされるか、SNSから誘導するか。

何らかの経緯で、ユーザーはあなたのページに訪れます。

あなたの記事を読んでもらうための3つのコツ

見出しを付けて、読み手が読みたい記事をすぐに探せるようにする。

一行の文字数を意識して、ほど良い改行でリズム感をだす。

専門用語を使わず、初心者に伝えることを心掛ける。

ユーザーに読んでもらえる記事をかくことは、

あなたの『ファン』にも繋がっていきますので、

読み手(ユーザー)のことを一番に考えた記事を作成していくことをオススメします。


さいごに

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

では、またお会いしましょう!

下の画像をクリックして、人気ブログランキングの応援をお願いします。


人気ブログランキングへ

2 Responses to “ビジネス成功の手引き【ライティング】読んでもらえるサイトのたった3つのコツ”

  1. しょう太郎さん

    こんにちは^^
    エンタメです。

    文章って1番高い壁が読まない壁。
    この壁をいかに超えるかで信じない壁や
    行動しない壁も突破することにつながるね。

    特に、記事タイトルや文章の冒頭で注意をひけないと
    まず閉じられるし、見にくい、読みにくいは論外なので、
    価値ある面白い情報を伝えつつインパクトを出したり
    読みやすく見やすく伝えることが出来たら最高だね。

    今後共宜しくお願いします。


    エンタメ

    • shoutarou123 より:

      エンタメさん、コメありがとうございます。

      私自身も、サイト訪問して見た目で「何か違う・・・」と、閉じてしまうことがあり、
      自分本位で記事を作っていた時期がありました。

      見直しもかねて、今後も少しづつ進めていきたいと思っています。

      今後とも、よろしくお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

【PR】

今だけ!値下げ決行!【初心者に嬉しい】画像編集マニュアル

【期間限定】LINEの人気スタンプが無料で手に入る!

お得な返礼品を貰おう!ふるさと納税

【無料登録】オススメのASPはココ!

女性が有利?ポイントサイト攻略マニュアル【無料】

奇跡的に文章力がアップする『魔法の〇〇集』プレゼント【無料】

【初心者でも安心】バイナリーオプションの自動攻略ツール(特典付き)

このページの先頭へ