HTMLの構文が正しいサイト【愛されるサイトの条件①】

SEOを考える前に、あなたのサイトは「良質である」といえますか?

ここでは、愛着のあるサイトをつくるための、

【5つの基本】についてのお話しです。

その1つ目、『HTMLの構文が正しいサイト』の解説です。


HTMLの構文

HTMLの構文が正しいサイトとは、

HTMLの文法に則って、正しく記述されているサイトのことです。


「正しいHTMLの構文」を強調するのか?

正しく記述されたHTMLのサイトは、

どのようなWebブラウザでもきちんと表示され、

情報を提供することができるからです。

「なんだ?このサイト???」って、思ったことないですか?

アクセスしたら、表示が崩れていたり、

読みづらいサイトだったりと・・・。

そのようなサイトは、はすぐに閉じられてしまうことでしょう。

正しく表示させることは、多くの人に見ていただくチャンスなのです。

たとえ、目の不自由な方がアクセスしてきても、

安心して見れるサイトにしましょう。

音声ソフトが読み上げられないような構成のサイトや、

文字の大きさをピクセルで固定してしまうようなサイトは、

作らないようにすることが大事です。

そして、検索エンジンの結果にサイトが表示されるということは、

「検索エンジンロボットがサイトを読み込んでいる」ということです。

つまり、サイトに最初に訪問してくれるのは、

人間ではなくロボットだということを忘れずに、

正しいHTMLを記述した

インデックスされやすい対策

をしておくことが大切です。


HTMLのチェック

専門的になりますが、HTMLの構文が正しいか判断するには、

【構文チェックサイト】を利用することをお勧めします。

参考:HTMLの構文チェックサイト

W3C Markup Validation Service(英語)➡HTML構文チェックの基本
Another HTML-lint gateway(日本語)➡完璧に近いHTMLにしたい場合
CSS Validation Service(日本語)➡スタイルシートチェックの基本

【HTML-lint】は、チェックがかなり厳しいので、ある程度HTMLとCSSを学んでから利用しましょう。

最低でも、【W3C】のチェックを改善できるくらいの、HTMLとCSSの文法は、身につけたいです。

エラーの改善

HTMLチェックをすると、エラーが出まくって・・・。

何をどう修正すればいいのか、分からないと思います。

特に、「ホームページ作製ソフト」は、

かなりいい加減な文法ですから、

エラーの修正が面倒になっているはずです。

そんな時はまず、HTMLタグの初歩を学びましょう。

HTMLのブロック要素やインライン要素、

CSSのIDとclassなど基本的な約束事を覚え、

テキストエディタでタグを手打ちで練習します。

基本が分かると、HTMLチェックのエラーも直しやすく、

エラーからHTMLを学ぶことができます。


Webブラウザ

Webブラウザは、インターネットエクスプローラーだけではありません。

Firefox、Chrome、Safari、スマートフォンや携帯電話、

など、最近では数え切れないほどブラウザが増えてきました。

あなたのサイトが、他のブラウザでどのように見えるか、

スクリーンショットを無料で見れるサイトがあります。

参考:Webブラウザでどう見える?

Browser Shots(英語)➡100種類以上のブラウザのスクリーンショットが見れる

日本語は文字化けしますが、レイアウト崩れなどは確認できます。

さいごに

あなたの応援だけが、私の励みになっています。


人気ブログランキングへ

ここでは、愛着のあるサイトをつくるための、

【5つの基本】についてのお話しをしていきます。

次回は、その2つ目になります。

『コンテンツがキーワードに対して詳しく書かれている』についてです。

では、またお越しください。お楽しみに!




 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

【PR】

今だけ!値下げ決行!【初心者に嬉しい】画像編集マニュアル

【期間限定】LINEの人気スタンプが無料で手に入る!

お得な返礼品を貰おう!ふるさと納税

【無料登録】オススメのASPはココ!

女性が有利?ポイントサイト攻略マニュアル【無料】

奇跡的に文章力がアップする『魔法の〇〇集』プレゼント【無料】

【初心者でも安心】バイナリーオプションの自動攻略ツール(特典付き)

このページの先頭へ