コンテンツがキーワードに対して詳しく書かれている【愛されるサイトの条件②】

SEOを考える前に、あなたのサイトは「良質である」といえますか?

ここでは、愛着のあるサイトをつくるための、

【5つの基本】についてのお話しの続きです。

前回は、HTMLの構文についてお話ししました。

今回は2つ目になります、

『コンテンツがキーワードに対して詳しく書かれている』の解説です。


キーワードを掘り下げる

サイトのテーマ(キーワード)は、本当に大事です。

サイトのキーワードに対して、

様々な情報を分かりやすく書いてあるサイトは、

『内容の濃いサイト』と言われます。


内容が濃いとは?

例えば、あなたがパンを焼くためのレシピを探しているとします。

【サイトA】➡ 「フランスパンを焼きました」と、焼き上がり写真と感想コメントが載っているブログ

【サイトB】➡ 「フランスパン醗酵中の時間経過写真はこんな感じでした」と、初心者にも分かりやすく情報を提供しているブログ

この2つのブログ記事では、どちらを選んで見ますか?

たぶん、【サイトB】だと思います。

サイトのテーマ(パン)に対して、

たくさんの情報(醗酵中の写真など)を載せ、

誰にでも分かりやすく書いたところが、

焼き上がり写真だけ載せたブログとの

『差別化』に成功したわけです。

ではこのテーマを、もっと掘り下げてみましょう。

つまり、フランスパンの醗酵時間や、

醗酵中の温度変化をグラフにしたり、

温度や醗酵時間の違いで、焼きあがり具合がどのように違うか・・・。

そんな情報が載ってるサイトがあったら、すごいと思いませんか?


興味を持ってもらう

普段の生活で、みんながやらない所までリサーチし、

それをしっかりまとめたサイトに仕上がったならば、

たくさんの人が興味を持ってくれることでしょう。

そして、興味を持って読んでもらえるサイトこそが、

いずれ【パン 発酵】というキーワードで、上位になってきます。

自動生成ソフトにできないような、泥臭い努力と情熱が、

本来の良質なサイトといえるのではないでしょうか。


サイトの趣旨を明確に

各検索エンジンのアルゴリズムは、

特定のキーワードで検索するユーザーに対し、

答えをより多く含むサイトを上位表示させています。

つまり、テーマに関連しないコンテンツを詰め込むと、

サイトの趣旨がぼやけて逆効果になってしまいます。

要は、素人が一人で「何でもサイト」を作ることは、

いったい何がしたいサイトなのか?

わからなくなってしまうのです。

したがって、日々のあらゆる出来事をただ書き込むブログよりも、

「インターネットに関してだけのブログ」とか、

「SEOに関してだけのブログ」とか、

明確な『ジャンル』を分けてサイトを運営した方が、

コンテンツの趣旨が明確になります。


さいごに

あなたの応援だけが、私の励みになっています。


人気ブログランキングへ

ここでは、愛着のあるサイトをつくるための、

【5つの基本】についてのお話しをしています。

次回は、その3つ目になります。

『関連するキーワードで他のサイトからリンクされている』についてです。

では、またお越しください。お楽しみに!




 
 

One Response to “コンテンツがキーワードに対して詳しく書かれている【愛されるサイトの条件②】”

  1. さっち より:

    しょう太郎さん、こんにちは。

    さっちです。

    キーワードって大切ですね。なかなか掘り下げて記事かけません。

    お客様が何を求めているのか?

    考えたいです。

    勉強させていただきました。ありがとうございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

【PR】

今だけ!値下げ決行!【初心者に嬉しい】画像編集マニュアル

【期間限定】LINEの人気スタンプが無料で手に入る!

お得な返礼品を貰おう!ふるさと納税

【無料登録】オススメのASPはココ!

女性が有利?ポイントサイト攻略マニュアル【無料】

奇跡的に文章力がアップする『魔法の〇〇集』プレゼント【無料】

【初心者でも安心】バイナリーオプションの自動攻略ツール(特典付き)

このページの先頭へ