ファイル名のつけ方には気を付けろ

Webサイトで扱うファイル名は、管理していく上で重要なのです。

そのファイル名の付け方と分類方法についてお話しします。


  • ファイルのネーミング

Webサイトに使用するデータ(HTML、画像、JavaScriptなど)のファイル名は、

基本的には半角英数字で構成します。

注意すべき点は、

Macでは「:(コロン)」、「?(クエッション)」、「<>(不等号)」などの記号をファイル名に使えますが、

Windowsでは使えません。

もし記号を使ったファイル名を付けたいのであれば、

「.(ピリオド)」、「_(アンダーバー)」、「-(ハイフン)」程度にしておきましょう。


  • ファイル名とフォンダ名の関係

Webサイトのコンテンツが「会社概要」、「事業内容」、「お問い合わせ」の3項目だとします。

1つのコンテンツ(ページ)に対して1つのHTMLファイルを作成していきます。

その際に、2つのファイル名のつけ方があります。

1つは、ファイルにコンテンツ名をつける方法。

会社概要であれば「conpany.html」

もう1つは、フォンダにコンテンツ名をつける方法。

「conpany」フォンダ

この場合、フォンダ内に格納するHTMLファイルは、一般的には「index.html」とします。


  • ファイルの管理上の問題点

HTMLファイルにコンテンツ名をつけた場合、1つのフォンダに様々なファイル名が混在してしまいます。

また、類似したコンテンツがある場合、連続した通し番号でフォンダ名をつけたりします。

この方法では、途中のコンテンツがなくなったり、ネーミングのルールに無理が生じたときに、管理性が低下します。

一方、フォンダにコンテンツ名をつけると、関連するHTMLページや画像をまとめて格納できるメリットがあります。

 

◇まとめ◇
  1. ファイル名は半角英数字でつけ、特殊な記号は使わない
  2. HTMLファイルではなく、フォンダにコンテンツ名をつける
  3. フォンダで分類し、関連ページや画像を格納する
 

コメントを残す

サブコンテンツ

【PR】

今だけ!値下げ決行!【初心者に嬉しい】画像編集マニュアル

【期間限定】LINEの人気スタンプが無料で手に入る!

お得な返礼品を貰おう!ふるさと納税

【無料登録】オススメのASPはココ!

女性が有利?ポイントサイト攻略マニュアル【無料】

奇跡的に文章力がアップする『魔法の〇〇集』プレゼント【無料】

【初心者でも安心】バイナリーオプションの自動攻略ツール(特典付き)

このページの先頭へ