HTMLの基本ルール

HTMLを書くにあたり、基本的なルールを知っておきましょう。

HTMLのバージョンを指定する『DOCTYPE宣言』や意味づけの『要素(タグ)』を記述するのが特徴です。

 

HTMLの仕様宣言

『DOCTYPE宣言』とは、HTML文書が、どのバージョンでどんな仕様に従って作っているかをブラウザに伝えるための宣言です。

テキスト文書をHTMLにするには、まず1行目にDOCTYPE宣言をして、HTMLのバージョンを指定します。

これから主流になる『HTML5』のDOCTYPE宣言は、

「<!DOCTYPE html>」

と記述します。

HTMLのバージョンはその他に、『HTML 4.01』、『XHTML 1.0』があります。

DOCTYPE宣言の後は、head要素とbody要素に、それぞれ必要な内容をマークアップ(意味づけ)していきます。

ちなみに、『HTML 4.01』では、

「!DOCTYPE  HTML  PUBLIC”-//W3C//DTD  HTML  4.01  Tranzitional//EN”  “http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd”>」

『XHTML 1.0』では、

「!DOCTYPE  HTML  PUBLIC”-//W3C//DTD  XHTML  1.0  Tranzitional//EN”  “http://www.w3.org/TR/xhtml1/xhtml1-transitional.dtd”」

と記述します。

 

マークアップの基本

マークアップの基本は範囲指定です。

例えば、「ココからココまでが見出し」、「ココからココまでが段落」のように。

テキストの内容に応じて意味づけをしながら範囲を区切っていきます。

マークアップについては、後で詳しく説明します。

 

目印となる要素とタグ

HTMLでは、意味づけのための目印をテキスト内に挿入していきます。

この目印を「要素」(タグ)と呼び、意味づけしたい部分の初まりと終わりに記述します。

「<タグ> テキスト <タグ>」

のように記述します。

このような「<開始タグ>・テキスト・<終わりタグ>」のセットを『要素』と呼びます。

HTML文書は、この要素の連続で構成されています。

タグには「属性」を追記します。

属性はタグに特定の性質を与えるもので、1つのタグに複数の属性を記述する場合もあります。

例えば、<a>はリンクのためのタグで、「<a  href=”URL”>」という属性を付加した場合、

「リンクを参照する指定」と「リンク先」の記述になります。

 

入れ子構造

HTMLのタグは、入れ子構造にするという記述の規則があります。

この入れ子構造が崩れると、HTMLとしては正しくない文法となり、

ブラウザの表示が崩れたり、せっかくマークアップした意味付けさえも狂ってしまいます。

開始タグと終わりタグは、正しい位置に記述しましょう。

 

まとめ


  1. HTMLの1行目には、DOCTYPE宣言を記述
  2. タグは意味づけしたいテキストの、始まりと終わりに記述する
  3. 要素は「<開始タグ> テキスト <終了タグ>」のセット
 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

【PR】

今だけ!値下げ決行!【初心者に嬉しい】画像編集マニュアル

【期間限定】LINEの人気スタンプが無料で手に入る!

お得な返礼品を貰おう!ふるさと納税

【無料登録】オススメのASPはココ!

女性が有利?ポイントサイト攻略マニュアル【無料】

奇跡的に文章力がアップする『魔法の〇〇集』プレゼント【無料】

【初心者でも安心】バイナリーオプションの自動攻略ツール(特典付き)

このページの先頭へ