マークアップって?

HTMLファイルはテキストの集合体です。

個々のテキストに見出しや段落などの特定の意味や役割があります。

その意味や役割をコンピューターに正しく伝えるのが、マークアップの役目です。

 

マークアップとは


Webページでは、中身のテキストに対して要素(タグ)を書き込み、それぞれ意味づけを行います。

この意味づけをすることを『マークアップ』と呼びます。

マークアップで使う要素(タグ)は、ある程度決まっており、同じ要素(タグ)でマークアップすることになります。

マークアップをしっかりと行っておけば、後から行うCSSを使った装飾やレイアウトがやりやすくなります。

 

マークアップの役割とその効果

マークアップを行うことで、コンピューターが「HTML内の個々のテキストの意味」を理解できるようになります。

人間はテキストを見て、「ココは目次」、「ココは主題」、「ココは説明」など、

テキストの改行や文字面からある程度理解することができます。

しかし、コンピューターは人間のように視覚的に都合よく解釈することは不可能であり、機械的に解釈します。

このテキストに対してマークアップを行うことで、コンピューターにも伝えることが可能になります。

これが、マークアップの効果であり、役割なのです。

 

まとめ

  1. マークアップは、テキストに意味づけを与えること
  2. マークアップはコンピューターに理解できるように行う
 

コメントを残す

サブコンテンツ

【PR】

今だけ!値下げ決行!【初心者に嬉しい】画像編集マニュアル

【期間限定】LINEの人気スタンプが無料で手に入る!

お得な返礼品を貰おう!ふるさと納税

【無料登録】オススメのASPはココ!

女性が有利?ポイントサイト攻略マニュアル【無料】

奇跡的に文章力がアップする『魔法の〇〇集』プレゼント【無料】

【初心者でも安心】バイナリーオプションの自動攻略ツール(特典付き)

このページの先頭へ