head要素とbody要素

HTMLは、大きく分けると『head要素』と『body要素』から構成されています。

それぞれの違いと役割を見ていきます。

 

head要素とbody要素の違い


HTMLは開始タグ「<html>」で始まり、終わりタグ「</html>」で終わる構造です。

その中に『head要素』と『body要素』を記述します。

head要素とは


head要素は、主にコンピューターが読み取る情報であり、

文書のタイトルやキーワード、ページの説明、文字コードの種類などを記述します。

head要素の情報の多くはWebブラウザに表示されませんが、

Webブラウザの表示にとって欠かせない情報を格納しています。

body要素とは


body要素は、人間とコンピューター両方が読み取る情報であり、

記述の大半は、テキストや画像など、実際にWebブラウザに表示されて人間が目にする情報です。

body要素では、書き方の順序や構成が特に重要になります。

 

head要素とbody要素の役割


head要素の役割


head要素は「この文書はどのような文書か」をコンピューターに伝えることです。

文字コードやWebページ特有のキーワードなど、様々な情報が入ります。

例えば、「<title>~</title>」で指定されると、その内容以外は人間の目には見えません。

body要素の役割


body要素の大半は、Webブラウザに表示され人間の目に触れる情報です。

テキストや画像といったものにマークアップを施すことで、情報の意味が視覚化されて人間の目に触れる情報です。

例えば、<h1>タグでマークアップされたテキストは、Webブラウザ上では大きく太い文字で表示されるので、

「重要度の高い情報である」と、視覚的にも理解できます。

 

まとめ

  1. head要素はコンピューターが読み取る部分
  2. dody要素はWebブラウザが表示する部分
  3. 2つの要素の違いは、「情報が視覚化」されるかどうか

コメントを残す

サブコンテンツ

【PR】

今だけ!値下げ決行!【初心者に嬉しい】画像編集マニュアル

【期間限定】LINEの人気スタンプが無料で手に入る!

お得な返礼品を貰おう!ふるさと納税

【無料登録】オススメのASPはココ!

女性が有利?ポイントサイト攻略マニュアル【無料】

奇跡的に文章力がアップする『魔法の〇〇集』プレゼント【無料】

【初心者でも安心】バイナリーオプションの自動攻略ツール(特典付き)

このページの先頭へ