ページの情報を伝えるmeta要素の記述

head要素に入る要素の『meta要素』は、「そのページがどんな文書なのか」をコンピューターに伝えるものです。

meta要素の記述方法を具体的に見ていきます。

 

文字コード


文字コードの指定


日本語の最近の主流は『UTF-8』です。

その他に、『Shift-JIS』や『EUC-JP』があります。

「<meta  charset=”UTF-8″>」

のように記述します。

文字コードの指定は、「<title> ~ </title>」などの日本語の内容が入る要素より前に記述します。

省略も可能ですが、文字コードを正しく指定することで文字化けを防ぐことができます。

 

さまざまなメタデータ


筆者名、キーワード、説明文、文書作成したエディタなどのメタデータは、

name属性で名前を定義し、content属性で値を指定します。

筆者名の指定


name属性に著者名を指定する場合は、

「<meta  name=”auther”content=”著者名”>」

のように記述します。

「”auther”」は文書の著者を、content属性の値は著者名を意味します。

キーワードの指定

「<meta  name=”keywords”content=”キーワード1,キーワード2,キーワード3″>」

のように、content属性には半角カンマで区切った複数の単語をいれます。

文書の説明

「<meta  name=”description”content=”  説明文  ”>」

エディタの名前

「<meta  name=”generator”content=”  エディタの名前  ”>」

 

まとめ

  1. 文字コードは文字化けを防ぐために記述する
  2. meta要素では、主にname属性とcontent属性を指定する
  3. 文字コード、著者名、キーワード、説明文を確実に記述する
 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

【PR】

今だけ!値下げ決行!【初心者に嬉しい】画像編集マニュアル

【期間限定】LINEの人気スタンプが無料で手に入る!

お得な返礼品を貰おう!ふるさと納税

【無料登録】オススメのASPはココ!

女性が有利?ポイントサイト攻略マニュアル【無料】

奇跡的に文章力がアップする『魔法の〇〇集』プレゼント【無料】

【初心者でも安心】バイナリーオプションの自動攻略ツール(特典付き)

このページの先頭へ