レーザー思考のエネルギー

目標に焦点を当て、レーザー思考で進めば、成功は加速します。

良い目標を設定しておかないと、効果は期待できないでしょう。

 

目標設定


良い目標設定をする際、重要なのは自分と自分とのラポールです。

自分で目標設定するときに、自分に信頼を寄せていないと、見栄やウソ、大げさな目標になってしまいます。

自分にとって納得のいく目標が設定できなければ、目標に焦点を当ててもスピード成功は出来ないでしょう。

 

ラポールの効果


ラポールを簡単にいうと、信頼関係が築けた状態のことです。
  • ビジネスの交渉やセールスするときの、2者の関係
  • コーチングするときの、コーチとクライアントの関係
  • コンサルティングするときの、コンサルタントとクライアントの関係
これらのセッションがうまくいくには、ラポールの状態でいることが大切です。

このように、ラポールとは2者間の関係性を表す言葉ですが、ここでは、自分と自分とのラポールについて考えていきます。

 

自分とのラポール


自分とのラポールとは、「今までの自分」と「成功を手に入れる未来を描く今の自分」との間で、ラポール状態を作ることです。

成功するかどうか?

また、成功し続けるかどうか?

これらは、まさにこの自分とのラポールなのです。

 

自分と自分の交渉


今の自分は、「今までの自分」の賛同が得られないから、成功の行動をとり、その結果として成功の状態と手に入れられないのです。

「今までの自分」が現在の状況を作り出したのです。

10年、20年かけて作り上げた状態を、変化させようと思うのですから、それは大変なことです。

人は、「変化」を「危険」と捉えますから、現状維持に力が働きます。

つまりは、「今までの自分」が、現状維持をしたいという力より、変化して成功するメリットを欲する力が上回ったときに、人は行動を起こすのです。

 

『WIN-WIN』の関係


「今までの自分」と「成功を手に入れる未来を描く今の自分」とが、WIN-WINの関係になることが重要です。

そのWIN-WINの関係が継続できれば、成功は当然なのです。

そして、WIN-WINの関係をつくるのに必要なのが、2者のラポール状態というわけです。

 

成功しないワケ


自分とのラポールができていないと、「自分」が「目標」に対して拒絶反応をしてしまいます。

それでは、目標を立てて焦点化しても、ストレスになってうまくいかないですよね。

これは、セルフイメージを書き換えることで、うまく行き始めることがあります。

 

自己暗示のパワー


「私は、〇〇な人だ」、その〇〇な人なら、設定した目標を達成するのが当たり前。

こんなイメージを描きましょう。

あとは、「私は、〇〇な人だ」ということを自分で信じ込めばいいのです。

エミール・クーエの暗示法、自己暗示のパワーを利用するのも、1つのやり方ですね。

 

 

 

 

 

2 Responses to “レーザー思考のエネルギー”

  1. あとむ より:

    こんにちは、

    ブログランキングから参りました、あとむです。

    自分とのラポールで信頼関係を築くことが大切なんですね。
    そのうえで、レザー思考で目標を設定していくのですね。

    良いことを聞くことが出来ありがとうございます。

    応援して帰ります。

    • shoutarou123 より:

      あとむさん、訪問ありがとうございます。

      しょう太郎も、猛勉強中でがんばっております。
      アフィリエイト成果はあがっていますが、まだまだです。
      自分とのラポールを知り、目標の焦点化を図り、
      いま、コツコツとブログ作成しております。

      まだ、2割程度の完成度ですが、まとめ上げていきますので、
      今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

【PR】

今だけ!値下げ決行!【初心者に嬉しい】画像編集マニュアル

【期間限定】LINEの人気スタンプが無料で手に入る!

お得な返礼品を貰おう!ふるさと納税

【無料登録】オススメのASPはココ!

女性が有利?ポイントサイト攻略マニュアル【無料】

奇跡的に文章力がアップする『魔法の〇〇集』プレゼント【無料】

【初心者でも安心】バイナリーオプションの自動攻略ツール(特典付き)

このページの先頭へ