加速学習できていますか?

NLPを学んでいくと、催眠状態・トランス状態のような『無意識』をコントロールできるようになります。

すると、学習やアイデア創出など、仕事やビジネスに活かせるそうです。

 

加速学習状態


大前提として、目標の設定と目標への焦点化ができていることです。

次のような状態になると、得られる知識量や記憶の残り方が、格段に変わるそうです。
  • アファメーション(自己固定・自分を信じる)
  • 学ぶことの意味を考える
  • たのしむ
  • 様々な感覚を刺激する
  • 集中していてリラックスする
  • 目的意識がしっかりしている

トランス状態


トランス状態で場面設定をすると、アイデア創出や問題解決に効果がでます。

例えば、

ナポレオン・ヒル博士が行ったとされる「『目に見えない相談役』と想像上の会議」という話があります。

これは、博士が著名人を数名思い浮かべて、想像上の円卓会議を開いたことです。

あなたが思うビジネス上の成功者をピックアップして、その人の著書や伝記、映像、逸話などを集めてモデリングするのです。

集中しているがリラックスした状態で、その人たちを想像上で招集し、円卓会議を開くのです。

普通に悩んでいても得られなかった回答が得られたりします。

NLPで、
  • モデリングによるブレインストーミング

  • モデリングによるマスターマインド

のことです。

イメージストリーミング


これは、マインドマップなどのメモや、ノートの書き方は、文字だけを書くのではなく、絵などビジュアルも一緒にすることがいいそうです。

つまり「5感の感覚を多く使って勉強、学習、記憶をする」ということです。

【リラックスしていて集中した状態】+【視覚・聴覚・体感覚を使う】


これがコツです。

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

【PR】

今だけ!値下げ決行!【初心者に嬉しい】画像編集マニュアル

【期間限定】LINEの人気スタンプが無料で手に入る!

お得な返礼品を貰おう!ふるさと納税

【無料登録】オススメのASPはココ!

女性が有利?ポイントサイト攻略マニュアル【無料】

奇跡的に文章力がアップする『魔法の〇〇集』プレゼント【無料】

【初心者でも安心】バイナリーオプションの自動攻略ツール(特典付き)

このページの先頭へ