「目は口ほどにものを言う」って、ホント?

「恋人のどこが一番好きですか?」と聞いてみると、

「目が好き」と答える人は多いです。

人間のコミュニケーションにおいて、

視線の果たす役割は非常に大きいと言われています。

そこで、「目の動き」から人の心を読むテクニックについて解説します。












目を見て「セールス」

ベテランのセールスマンは、相手の目を見て「興味度」を確かめます。

相手が、自分の目を見て話していれば「話したい心理状態」、

視線を外していたら「話したくない」という意志表示なのです。

はじめは自分の目を見て話していたのに、

途中から視線をそらしてしまったとすれば、

その時点で興味が無くなったのだと考えられます。

話の内容ではなく、人自身が嫌いな場合も、目をそらす傾向があります。

刑事ドラマなどで、よく「目が泳いだ」とか、聞きませんか?

この状態は、精神的な緊張状態にあることをあらわします。

視線を動かし、できるだけ周囲から視覚情報を取り入れ、

不安や警戒心を取り払うために落ち着こうとしているのです。


視線の使い方

視線の使い方は、男と女では少し違っています。

男性の場合、相手に好意を抱いている時は、

相手の話を聞いている時の方が、相手の目をよく見ています。

女性が、相手に対して好意を持っている時は、

自分が話している時の方が、相手の目をよく見ているようです。


心理状態と視線

人間の心理状態と視線の動きについては、

T・A 理論というものがあります(交流分析)。

この理論では、人間の自我状態を3つの状態に分けて考えています。

P(Parent):親が子どもに接するような心理状態

A(Adult):知的判断のできる冷静沈着な大人の心理状態

C(Child):自己中心的で無邪気な子どもの心理状態

それぞれの心理状態あると、次のような視線の動きに非常によく対応します。

Pが大きい状態:下向きに見下ろす視線

Aが大きい状態:平行な状態

Cが大きい状態:上向きの視線(上目づかい)

例えば、上司と部下がいた場合、上司は部下に対して威厳を保とうとするから、

自然と上司の視線は、部下を見下ろすような動きになります。

つまり「P」の心理状態が大きくなっているからです。


さいごに

いかがでしたか?

視線を観察することで、相手の心を読んだり、

自分の視線で相手の気分をもコントロールできてしまうのです。

キャッチ・セールスのような職種であるならば、

相手の視線を観察することをオススメします。

次回は、「商談は食事をしながらがいいワケは?」について解説します。

コメントを残す

サブコンテンツ

【PR】

今だけ!値下げ決行!【初心者に嬉しい】画像編集マニュアル

【期間限定】LINEの人気スタンプが無料で手に入る!

お得な返礼品を貰おう!ふるさと納税

【無料登録】オススメのASPはココ!

女性が有利?ポイントサイト攻略マニュアル【無料】

奇跡的に文章力がアップする『魔法の〇〇集』プレゼント【無料】

【初心者でも安心】バイナリーオプションの自動攻略ツール(特典付き)

このページの先頭へ