『接待のお誘い』の裏にある心理的影響は?

「どうですか?今度ご一緒にお食事でも」

こんなお誘い、聞いたことありませんか?

何かの交渉や頼みごとがあったりすると、

「接待」がお決まりコースとなっていませんか。

なぜ、食事に誘う行為、すなわち「接待」がセッティングされるのか?

今回は、接待に隠された心理的影響について解説します。












フィーリング・グッド

「フィーリング・グッド」とは、心理学者のジャニスが行った実験です。

どのような実験かというと、

『あるジャーナリストが書いた論評に対する感じ方について、

ピーナッツを食べたりコーラを飲みながら読んだ場合と、

何も口にせずに読んだ場合に違いが出るかどうか』

というものでした。

用意された論評は次の4つでした。

「ガンの治療法が発見されるには、まだあと25年以上かかる」

「アメリカ空軍はこれ以上増員は必要なく、逆に85%以下に縮小できる」

「月への往復旅行は今後10年以内に実現できる」

「映画は今後3年以内にすべて立体画像になる」

この実験の結果は以下の通りでした。

飲み食いしながら論評を読んだ人のほうが、

何も口にせずに読んだ人よりも、賛同する確率が非常に高い。


食事中にお願いすると・・・

人は、何かを食べている時、

「食べること」そのものが快適な刺激を受けています。

つまり、説得されやすい心理状態になり、

出された意見に対して好感を抱きやすくなるのです。

人は食事をしている時は、緊張が弱まり、

警戒心を解いて、相手の意見を素直に聞く姿勢になるのです。


さいごに

会社でよく耳にする「接待」ですが、その効果は、

フィーリング・グッドの実験でも明らかになっています。

ピーナッツやコーラではなく、高級料亭でご馳走されたら、

その効果に加え、美味しさや贅沢感が加味されることでしょう。

気難しい人でも警戒心を解いて、交渉が良い方向に進むことでしょう。

逆に、接待に誘われた際の「好印象」は、

2割引き程度に考えたほうがいいでしょう。

次回は、「きちんとした服装」が与える印象について解説します。

コメントを残す

サブコンテンツ

【PR】

今だけ!値下げ決行!【初心者に嬉しい】画像編集マニュアル

【期間限定】LINEの人気スタンプが無料で手に入る!

お得な返礼品を貰おう!ふるさと納税

【無料登録】オススメのASPはココ!

女性が有利?ポイントサイト攻略マニュアル【無料】

奇跡的に文章力がアップする『魔法の〇〇集』プレゼント【無料】

このページの先頭へ