もっともらしい大義名分こそが、抵抗感を無くす

「レンジでチン」なんて、今や当たり前ですよね。

でも、ひと昔前まではそんなの「主婦の手抜き」だと思われていたのです。

主婦が家事を効率化するための家電は、様々普及しています。

食器洗い機、お掃除ロボット、インスタント食品など。

つまり、これらは「手抜き」のためじゃないんですよね。

そこには、立派な「大義名分」があったのです。

今回は、もっともらしい大義名分に操られる心理について、解説します。












「動機」を与えて駆り立てる

アメリカでインスタント・コーヒーが売り出されたとき、

当初メーカーは「簡単」「便利」をPRしていました。

しかし、当時のアメリカでは、

「コーヒーは豆から挽いていれる」という根強い風習があり、

なかなか売れなかったといいます。

しかし、メーカー側は広告戦略を転換し、

「このコーヒーを使って、空いた時間をご家族のために使う」

と、PRし始めたのです。

これによって、心理に変化を起こしたのです。

「インスタント・コーヒーを使うのは、楽をしたいのではない。

主人や子供のためなんだ。」ということなのです。


合理的だと思わせる

やっていることは「手抜き」であっても、

それを「時間の節約」「家族のため」と、言い換えているのです。

つまり、『合理的だと思わせる動機を与えると、

同じものでも抵抗感なく受け入れられる』のです。

一部のマルチ商法では「一人一人が頑張れば、みんなが幸せになれる」と。

宗教団体では「世界平和」や「救済」などという、大義名分が当たり前です。


さいごに

多くの犠牲者を出した「オウム真理教事件」は、記憶にあるでしょう。

信者たちは、人を殺すことによって救済するという方法もあり得ると、

教義によって信じ込ませていたそうです。

そして、本気で人々を救済しようという善意の動機から、

犯行に及んでいた信者が多かったのです。

とても信じがたいことと思いますが、

もっともらしい大義名分によって、人の心を操ることは可能なのです。

次回は、「ちょっといいですか?」はヤバい!について解説します。


参考文献

ヤバい心理学【電子書籍】[ 神岡真司 ]
価格: 555円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
「ヤバすぎる」心理ツールだけを厳選しました! 他人の言動の裏に潜む「心」の正体を知りたいー。自分の気持ちや考えのベースになっている「本音」を理解しておきたいー。私たちは、いつだってこんな願望に支配されているのです。人は相手の気持ちや本音、その場の状況等、あらゆることが気になります。と同時、自分の想いや本音を伝えたい、逆に知られたくないという考えもあります。つまり、人には「心」というものが存在し、それを把握することを望んでいるのです。本書では、そんな「心」の真実を知れる「ヤバすぎる」ツールがギュッと凝縮されているのです。画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商
Supported by 楽天ウェブサービス
 
もっとヤバい心理学【電子書籍】[ 神岡真司 ]
価格: 612円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
『眠れなくなるほど面白いヤバい心理学』の続編。前作は、重要度A級の「ヤバい」心理学テクニックだけを厳選し、「短時間で読め、すぐに使えて実践的!」ということで、高いご評価をいただきました。前作以上となる内容充実のパワーアップを企図した1冊!!画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。
Supported by 楽天ウェブサービス

コメントを残す

サブコンテンツ

【PR】

今だけ!値下げ決行!【初心者に嬉しい】画像編集マニュアル

【期間限定】LINEの人気スタンプが無料で手に入る!

お得な返礼品を貰おう!ふるさと納税

【無料登録】オススメのASPはココ!

女性が有利?ポイントサイト攻略マニュアル【無料】

奇跡的に文章力がアップする『魔法の〇〇集』プレゼント【無料】

このページの先頭へ