BB(ボリンジャーバンド)とEMA(平滑移動平均線)は稼げるトレード手法かも?

今回は、テクニカル分析のBBとEMAで勝率を上げる、

トレード手法について解説します。

BB『ボリンジャーバンド』とEMA『平滑移動平均線』を表示すると、

とても面白い傾向に気付くのは、私だけではないでしょう。

初心者でも活用できるトレード手法なので、

ぜひ、理解した上で実践して欲しい手法です。

BBとEMAについての解説は、以前の記事を参考にしてください。


BB(ボリンジャーバンド)

では、前回同様10トレーダーにログインして、

オンデマンド1分取引を選択し、1分足を表示しましょう。

取引通貨は、好きな通貨ペアを選択してください。

【BB選択】

右上にある『テクニカル』から『Bollinger Bands』を選択。

【BB設定】

設定画面の『Periods』を25に変更して、OKをクリックしましょう。

『Color』では、自分の見やすい色に変更できます。


EMA(平滑移動平均線)

右上にある『テクニカル』から『Exponential Moving Average』を選択。

設定画面の『Periods』を「5」に変更して、OKをクリックしましょう。

『Color』では、自分の見やすい色に変更できます。


「順張り派」のトレード手法

まず、アップトレンド相場の場合を見てみましょう。

【アップトレンド】

順張りですから、平均線が上昇していれば『High』購入です。

その際に注意して見ておきたいポイントは、

ボリンジャーバンドの上のラインと、平均線との間であることです。

更に、平均線に触れた時が購入タイミングです。

次に、ダウントレード相場の場合を見てみましょう。

【ダウントレード】

同様に、ボリンジャーバンドの下のラインと、平均線の間を移動。

そして、平均線に触れた時が『Low』の購入タイミングです。

簡単ですから、実践してみてください。


「逆張り派」のトレード手法

では、先程のアップトレンド相場を見てみましょう。

【アップトレンド】

条件は同じで、ボリンジャーバンドと平均線の間で移動していること。

逆張りですから、ボリンジャーバンドの上のラインに触れた時が、

『Low』の購入タイミングということです。

次に、ダウントレード相場を見てみましょう。

【ダウントレード】

もう、分かりましたよね。

ボリンジャーバンドの下のラインに触れた時が、

『High』購入のタイミングということです。


まとめ

ボリンジャーバンドの解説でもお話しした通り、

収束している状態の場合は、避けてください。

また、拡張している場合は、勢いがあるので、

ボリンジャーバンドの外側を突き抜けていることが多いです。

この場合も、避けた方がいいと思います。

今回のトレード手法は、ボリンジャーバンドがほぼ平行していて、

トレンド相場が明らかな場合に、活用してください。

経験・実績から言うと『順張り』の方が勝率が良かったです。

アップトレンド相場であれば、平均線に触れた時に『High』購入、

ダウントレード相場であれば、平均線に触れた時に『Low』購入です。

『逆張り』は回数も少なく、タイミングが命です。












さいごに

相場を読むことは、簡単ではありません。

しかし、相場を絞ってトレードすることが、勝率を上げるヒントになります。

どうですか、理解できましたか?

トレードに慣れてくると、分かるようになってきますので、

焦らず、実践を積み重ねていきましょう。

必ず、あなたの得意な取引方法が見つかるはずです。

無理に取引して失敗することで、平常心を失う人が多いですから、

一回一回の取引の勝率を上げることに集中することが、

初心者が実践していく上で、注意したいポイントです。

数多くの実践が、あなたの勝率を必ずサポートします。

一緒に、頑張っていきましょう!

画像をクリックすると、関連記事に飛んでいきます!!!

コメントを残す

サブコンテンツ

【PR】

今だけ!値下げ決行!【初心者に嬉しい】画像編集マニュアル

【期間限定】LINEの人気スタンプが無料で手に入る!

お得な返礼品を貰おう!ふるさと納税

【無料登録】オススメのASPはココ!

女性が有利?ポイントサイト攻略マニュアル【無料】

奇跡的に文章力がアップする『魔法の〇〇集』プレゼント【無料】

【初心者でも安心】バイナリーオプションの自動攻略ツール(特典付き)

このページの先頭へ