ダイレクトレスポンスマーケティングってなんだ?

「ダイレクトレスポンスマーケティング」って、なんだ???

こんな言葉すら聞いたことない!っていう人も多いかと思います。

しかし、

あなたが本当にインターネットビジネスで稼ぎたいのであれば、

コピーライティングを学ぶ前に、まずこちらを勉強してもらいたいです。


ダイレクトレスポンスマーケティングとは?

一般的な広告といえば、不特定多数の対象者に伝えることが目的であり、

マスマーケティング型広告といいます。

よく見かける、電車の中吊りやテレビのCMのように、

すぐに行動には繋がるのもではなく、

企業や商品のイメージアップを図る目的としたものです。

一方、ダイレクトレスポンスマーケティングとは、

情報を伝えた相手にリアクションを起こさせることを目的としています。

代表的なものは「TVショッピング」がこれに当たり、

ダイレクトレスポンス型広告といわれています。

言い換えれば『直接反応型広告』です。

反応とは、申込みやお問合せ、購入、資料請求などの行動を指します。

不特定多数の顧客に向けて宣伝広告をするより、特定の属性に合った顧客に、

一対一の関係でコミュニケーションを取ることで、販売率が上がるのです。

つまり、費用対効果に優れているといえます。


ダイレクトレスポンスマーケティングの特徴

オファーとレスポンスデバイス

オファーとは、売り手から買い手に対して提案することです。

「無料です」とか「500円です」というものです。

よくTVショッピングなどで聴くような、

「今ならもう1つお付けします」というような提案です。

レスポンスデバイスとは、リアクションを起こしてもらうパーツのことです。

電話番号やメールアドレスの表記や、申込みフォームや購入ボタンのことです。


メリット

ダイレクトレスポンスマーケティングを取り入れるメリットは、大きく二つあります。

一つ目は、結果重視なことです。

売上げアップにコミットしているといえますので、イメージ広告と違って費用対効果が高くなります

二つ目は、改善が可能なことです。

A/Bテストはご存知ですか?

これは、2つの広告を作って、どちらの方が効果が高いかを検証する方法です。

たとえば、ヘッドラインだけを変えたAパターンとBパターンを作って、

反応が良かった方を使っていくことができるのです。

さらに、再現性も高いのです。

再現性とは、Cのメディア媒体ででうまくいった広告を、

Dのメディア媒体に出しても同じ効果が得られると言われています。

つまり、横に広げられることで、売上げも倍増していくのです。


さいごに

まだ、ここでは何となくわかって頂けたら良いと思います。

次回お話しすることは、

インターネットビジネスを実践するんい必要な手法について説明します。

あなたがそれを活用していけたら、売上げ、利益が莫大になっていくことでしょう。

そのために、もう少し、勉強していきましょう。




コメントを残す

サブコンテンツ

【PR】

今だけ!値下げ決行!【初心者に嬉しい】画像編集マニュアル

【期間限定】LINEの人気スタンプが無料で手に入る!

お得な返礼品を貰おう!ふるさと納税

【無料登録】オススメのASPはココ!

女性が有利?ポイントサイト攻略マニュアル【無料】

奇跡的に文章力がアップする『魔法の〇〇集』プレゼント【無料】

【初心者でも安心】バイナリーオプションの自動攻略ツール(特典付き)

このページの先頭へ