フリーメールアドレスの所得方法【脱獄前講座①】

こんにちわ!しょう太郎です。

今回は、フリーメールアドレスの所得方法について説明します。

Googleアカウントの所得

ここでは、Googleにアクセスしてアカウントを作る作業です。

サイト構築の際に、運営者情報として公開する必要がありますから、

Gmailを既に持っている人も、

新しく所得することをお勧めします。

Googleにアクセス

2016-06-14 (17)1

Google ➡ https://www.google.co.jp/

上記URLをクリックするとアクセスできます。

2016-06-14 (17)

画面右上の【Gmail】をクリックします。

2016-06-14 (19)1

既にGmailアカウントを持っている人は、違う画面です。

2016-06-14 (19)

【アカウント作成】をクリックします。

必要事項の入力

2016-06-14 (20)

1)名前を登録します。

「姓」と「名」と、それぞれ入力します。

2)ユーザー名(半角英数字・ピリオド)を決定します。

既に誰かが使用しているユーザー名は使用できません。

3)パスワード(半角英数字のみ)を作成します。

パスワードは英数字を混ぜて長いほど高いセキュリティになります。

4)生年月日を登録します。

適当でも登録は可能ですが、

後々、年齢制限(18才以上)のあるサービスに登録する際に

ここで設定した年齢を参考に判断されるので、

しっかりと設定することをお勧めします。

5)性別を選択します。

プルダウンで選択してください。

2016-06-14 (21)

6)携帯電話とアドレスの設定

ここは登録してもしなくても、後で設定でも構いません。

7)ロボットによる登録でないことの証明

画面の中のテキストは見づらいものが多いです。

確認できない場合は【更新】をクリックすると新しい画面に、

または、【音声】をクリックすると音声で確認できます。

『テキストを入力』の欄に入力します。

ここをスキップすると電話確認が発生しますので、

「スキップする」にチェックを入れないでください。

8)国籍を選択します。

国籍は『日本』になっていますから、そのままです。

もし、なっていなかったらプルダウンより選択してください。

9)利用規約とプライバシーポリシー

利用規約とプライバシーポリシーを確認して、

『同意します』にチェックを入れます。

最後に【次のステップ】をクリックして、完了です。

2016-06-14 (24)

お疲れ様でした。

備考

既にGmailアカウントをお持ちの人は、次の画面に移行します。

2016-06-14 (22)

携帯電話のメールアドレスを入力し、メールで認証コードを受け取るか、

電話の音声で認証コードを受け取るかを選択します。

2016-06-14 (23)

認証コードを入力して、完了です。

さいごに

最後まで読んでいただきありがとうございます。

登録においては、偽っても良いことないので、

堂々と自分をアピールしていくことをお勧めします。

これからスタートするアフィリエイトにおいても同様です。

もしあなたが、

偽った人物から商品を紹介された時、素直に購入しますか?

自分の事を偽っていると、

ヤマシイことやっているんではないかと疑われます。

正々堂々と表社会で太陽の陽を浴びましょう!

次回は、無料ブログを作っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください