SNSの可能性を探る

こんにちわ!しょう太郎です。

最近、様々なところで、「SNS」の拡散には目を見張るものがあります。

「SNS」とは、【Twitter】や【Facebook】が主流ですね。

今回は、これらを利用して「稼ぐ」ということをテーマに、

お話しします。

【Twitter】に関しては、やはりツールを使っている人が多く、

「アカウント凍結リスク」、これが最重要課題になるようです。

正直言うと、私自身はあまり【Twitter】には、

力を注いでいません。

ちょっと、落ち着いたら私も勉強していこうかと検討中です。

FB2

一方、【Facebook】は・・・、

やはり「世界最大のSNS」なのでスゴイですね。

圧倒的なユーザー数を誇るので、そこは使い道は無限です。

Twitterとは違い、丁寧に、時間と労力をかけて、

しっかりした運営が効果的。

SNSの特徴

sns4

このような「SNS」というメディアは、

それぞれのメディアごとに特徴があり、属性も様々です。

その「特徴」を押さえることが、SNS攻略のカギとなります。

例えば、【Twitter】は「お手軽感」があるのと、個人特定が難しいメディアなので、

「匿名性が高い」という特徴があります。

これが「炎上リスク」を高くしている要因でもあります。

匿名ほど怖いものは無く、

「ネット&匿名」この組み合わせは最悪です。

つまりは、凶悪な犯罪や事件に発展するケースも考えられます。

また、誹謗中傷などは日常茶飯事ですよ。

案外、軽いノリで動く性質を持っているので、

【無料オファー】とかに軽く登録してくれたりもします。

広く、浅く、という戦略がハマりやすいのです。

だからツールを使って作業をする人が多いのです。

それに対して【Facebook】は、

「本名制度」という高い壁があるので、

ツールでどうとか、広告だけ投稿するとか、

そのような「浅い関係」は、効果は期待できません。

つまり【Facebook】というメディアは、

「親密度の構築」が課題になります。

親密な関係をしっかり作れれば、効果が段違いに良くなるのです。

まとめ

【Twitter】で広く浅く、薄利多売的に、収益を積み上げる戦略か?

【Facebook】で狭く深く、1回のオファー精度を高めて、

爆発的な収益を生む戦略か?

攻め方を決めて取り組むことが最良の活用法です。

ところが、Facebookに関しては、

全く別のアプローチもできることに魅力があります。

この件については、また今度お話します。

さいごに

最後まで読んでいただきありがとうございます。

現在のSNSは、非常に攻略しがいのあるメディアであり、

「攻略のハードルに対して、得られる結果が大きい」

そんな媒体といえるでしょう。

【Twitter】でいえば、集客はツール任せで、

ルーティンタスクは「つぶやき」程度なので、労力しかかかりません。

SEOやらライティングやらのスキルも、あまり必要としません。

【Facebook】にしても、軽い投稿で親密度が築け、

人づてのバイラル集客も可能である仕組みを持っています。

労力やスキルについても、他のビジネスモデルと比較したら、

かなり低くても大丈夫です。

そういう観点からも、SNSを活用したビジネスモデルの可能性は、

非常に高いと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください