SEO対策編:Webサイトの価値?効果大の秘訣(クローラーとインデクサの飼い慣らし方)

サイトアフィリエイトで稼ぐ講座 BY しょう太郎です。

前回までのお話しは、

ユーザーの役に立つコンテンツを作っていくことがSEOの近道であり、

財産として蓄積された高品質のコンテンツは、

好循環して新たなユーザーを呼び込んでくれるということでした。

今回は、Webサイトの価値が上がるとどうなるのか?をお話しします。






リンクは評価アップ

ユーザーの役に立つコンテンツは、たくさんのリンクを集めます。

リンクは「Webサイトの好評価」という意味で、SEO的にも良い影響になります。

Googleのアルゴリズム改善施策「ペンギンアップデート」(2014年)によって、

質の悪いリンクはペナルティを受けるようになりました。

rink3

しかし、コンテンツが好評価された意味でのリンクは、質の高いリンクです。

このような、質の高いリンク、

特に関連性の高いサイトからのリンクは、

SEO的な評価を高める効果があります。

「コンテンツ+リンク」が最強

これまでお話しした通り、SEOを行っていく上では、

「コンテンツの重要性」「リンクの重要性」は大切です。

それは、Googleの仕組みからも理解できます。

クローラー

クローラーは、世界中のWebサイトを巡回し、情報発信の実態をチェックしています。

Webサイト上のコンテンツやキーワードなどのあらゆる情報を拾ってきます。

そのクローラーが手掛かりとしているものがリンクです。

リンクがなければ、クローラーは新しいWebサイトに辿り着けないのです。

つまり、Webサイトへのリンクが増えるということは、

クローラーがWebサイトに立ち寄りやすくなるといえるでしょう。

インデクサ

クローラーが拾ってきたさまざまな情報は、Googleno巨大なデータベースに集められます。

そこで登場するのが、インデクサです。

インデクサは、Webサイトのキーワードやコンテンツの特徴などを整理しながら、

あらゆる情報をデータベースに格納していきます。

google1






 さいごに

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

下の画像をクリックして、人気ブログランキングの応援をお願いします。


人気ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください