インターネットビジネスのあらゆる手法を解説します。アイデアで稼げるサイト構築を目指します。自分に合ったビジネスに取り組み、金脈を発掘しましょう!

コンテンツの文章力強化!【SEOに強くなるテクニック】ページとキーワードの関係?

2017/03/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HN:しょう太郎 居酒屋経営しながら、アフィリエイトしています。行動力と収入は比例する「ヒミツの手法」を学び、楽しみながら人生を過ごしています。 自分で学び(Input)、人に教えること(Output)で、共に成長し喜び合える仲間を大切に思っています。

サイトアフィリエイトで稼ぐ講座 BY しょう太郎です。

前回までは、狙うキーワード選定の方法についてお話ししました。

一つのビックキーワードに絞るのではなく、

ロングテールキーワードを狙うことが効果が早いと予測できます。

更に、競合Webサイトの調査も無料サイトを利用して、

今後の方向性を決めるのが最良のサイト運営です。

keyword1

コンテンツを作っていく前に

「このページは、このキーワードで上位表示を狙う」

ということを、各ページで考えましょう。

各ページのキーワードは、

以前お話しした無料ツール【Googleサジェスト】で検索したものを

参考にしてもいいでしょう。

例えば、トップページに『ビックキーワード』を狙います。

ビックキーワードでは、すぐには順位は上がらないので、

長期戦で頑張りましょう。

第2~3階層には『複合キーワード』を割り当てます。

この複合キーワードで順位が上がってくれば、

Webサイトの総合力が上がり、ビックキーワードでも順位が上がってきます。

原稿を書くコツ

Webサイトのトップページでビックキーワードを狙うわけですから、

下の階層の全てのページが

ビックキーワードに関連したページになります。

つまり、各ページがビックキーワードに関連した複合キーワードを狙い、

そのキーワードに集中した原稿を書くのです。

記事を書いている途中で、

「あれも、これも詰め込みたい」

「こんな話も入れたら親切かも」

このように考えてしまうと、話が脱線してしまいます。

そうならないためにも、各ページでは、

一貫して狙ったキーワードだけに集中して書き進めましょう。

1ページのボリューム

report5

1ページは最低でも500文字以上は書きましょう。

Googleが推奨するのは、

「役に立つコンテンツ」「質の高いコンテンツ」

なので、それなりの文章は必要になると思います。

特に、Googleが「何文字以上は必要」と言っているワケではないが、

ひとつの目安として、500~1000文字と認識しておいてください。

文字数で考えるよりも、

「お客様に役立つ良質なコンテンツ」を目指しましょう。

次回は、SEOを行ううえで重要なタグのお話しです。

さいごに

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

下の画像をクリックして、人気ブログランキングの応援をお願いします。


人気ブログランキングへ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
HN:しょう太郎 居酒屋経営しながら、アフィリエイトしています。行動力と収入は比例する「ヒミツの手法」を学び、楽しみながら人生を過ごしています。 自分で学び(Input)、人に教えること(Output)で、共に成長し喜び合える仲間を大切に思っています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ゼロからの収入! , 2016 All Rights Reserved.