Twitterの使い方

プロフィールの設定も終わったので、早速、投稿してみましょう。

基本的な使い方

Twitterでできることは、

投稿(ツイート)、返信、ダイレクトメッセージ、

RT(リツイート)があります。

以下に、それぞれのやり方を解説します。

投稿(ツイート)のやり方

左上にある【ホーム】をクリックします。

投稿欄に移行しますので、そこにメッセージを入力します。

URLも反映されます。

画像を貼りたい場合は『画像を追加』をクリックして、画像を選択します。

『ツイート』ボタンをクリックすると、投稿できます。

Twitterビジネス、Twitterアフィリエイトをしている人のほとんどは、

自動ツールを使っていますね。



ツイッター自動集客ツール ツイートオートマトン TweetAutoMaton(半年プラン)

 

返信のやり方

特定のユーザーに向けてツイートを送る「返信」という機能があります。

投稿欄に@[ユーザー名]と記述し、ツイートします。

@は半角、ユーザー名とコメントの間には半角スペースを入れる。

タイムライン上の投稿にマウスを移動すると、『返信』が表示されます。

このメニューをクリックしても返信できます。

ダイレクトメッセージ

もっと、プライベートでメッセージを送りたい場合は、

「ダイレクトメッセージ」という機能を使います。

これは特定のユーザーとのやり取りなので、

他のユーザーからは見えません。

ダイレクトメッセージを受けると、通知メールも同時に送られてきます。

このダイレクトメッセージを送るには、

相手が自分のことをフォローしていることが条件です。

ダイレクトメッセージを送る場合は、

相手のページを開いて『ダイレクトメッセージ』ボタンをクリックすると

送ることができます。

メッセージを入力して、

『メッセージを送信』ボタンをクリックして完了です。

リツイートのやり方

リツイート(RT)とは、

自分がフォローしている誰かのツイートを広める機能です。

タイムライン上のツイートの下にある

『リツイート』ボタンをクリックします。

すると、リツイートするかどうかの確認を問われるので、

『リツイートする』をクリックすれば完了です。

コメントも追加することもできます。

リツイートすると、自分のタイムライン上にそのツイートが送られます。






次のステップ

ここまで説明してきたのが、Twitterの基本的な使い方です。

気に入ったアカウントをフォローしてフォロー数を増やし、

自分もフォローしてもらえるようなツイートをしていきましょう。

次のステップでは、

そもそもTwitterとは何なのか?について解説します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください