説得を計算ずくで行なうテクニック

TVショッピングを観ていると、必ず出てくるシーン。

「定価1万円のところ、今なら特別価格半額の5千円です!」

良く考えれば、5千円で販売しても儲かる商品なのです。

これは、良く使われる販売のテクニックです。

ここでは、ビジネスでも応用できる

「説得・要求のテクニック」について解説します。












相手に罪悪感を抱かせる

あなたが今初めて会った女性に、「今度、一緒に旅行に行きませんか?」

と、いきなり誘っても、恐らく断られてしまうことでしょう。

しかし、断られてしばらくした後で、

「今度、食事でもどう?」とでも誘ってみましょう。

話で盛り上がったりした普通程度に敏感な女性であれば、

心の中に「この前は断っちゃったから」という罪悪感が生まれるのです。

すると、この悪印象を低減したいと自然に心が動くのです。

結果、「食事くらいならいいか」とOKしてくれるのです。


「借り」の意識を持たせる

わざと断られるようなハードルの高い要請をして、一旦相手に断らせる。

そうすることで、相手の心に「借り」の意識を持たせるのです。

そして次に、本来の要請をすると、

相手は、前に断った時に比べたら安易な条件だと感じるのです。

すると、相手はつい応じてしまうというテクニックです。


さいごに

今回は「ドア・イン・ザ・フェイス」のテクニックと呼ばれています。

説得のベテランは、これを計算ずくで日々行っているのです。

ぜひ、あなたも使ってみてください。

次回は、職場の経営方針の決定にまつわるテクニックの話です。