詐欺師の第一印象は良い?悪い?

人間関係を築くにあたり、人の第一印象は大切なことです。

「外見よりも中身」とよく言います。

しかし、詐欺師にしろ空き巣にしろ、

捕まってみると意外と清潔にしていることが多いです。

「見た目がよい」から「信頼できる」と思い込んでいませんか?

今回は、こんなあなたの『思い込み』についてお話しします。












ネクタイとスーツの威力

ある面白い実験がありました。

それは、交差点で信号は赤、車は来ていない。

ネクタイを締め、身なりの良いスーツ姿の男性が、

信号を無視して渡ると、周りの歩行者もつられて、

信号を無視して渡ってしまう人が多かったのです。

また、作業着姿の男性が渡っても、

周囲の歩行者がつられて渡ることはなかったそうです。

この実験結果だ分かったことは、

服装が与える印象は、その服装に対して持っている先入観が、

想像以上に大きな影響を与えていることです。


第一印象が及ぼす効果

アメリカの心理学者レオナード・ビックマンが面白い実験を行いました。

それは、電話ボックスの棚に、10セント硬貨を置いておくことでした。

誰かが電話ボックスに入った2分後に、ドアをたたき、

「10セント硬貨を忘れた」という旨を伝える、という実験です。

この時に硬貨を返してくれる確率は、

きちんとした服装をしている場合は77%、

みすぼらしい服を着ている場合は38%、

という結果がでていました。


他人のイメージも「第一印象」

他人に抱く印象のうちで、

最も影響するのは、やはり最初に会ったときの第一印象です。

これは、人間の記憶のメカニズムである

「系列位置効果」というものが影響しています。

つまり、ある一連の出来事が起きた時、

人間の記憶に強く残っているのは、最初と最後なのです。

アメリカの心理学者G・A・ミラーの行った実験に、

ジムという人物の出てくる文章を、学生たちに読ませたものがあります。

その文章の前半は、ジムが社交的なイメージで書かれており、

後半は非社交的なイメージで書かれているものです。

すると、全ての学生が、ジムは社交的で愛想の良いと答えたのです。

別の学生に、前半と後半を逆にして読ませると、

彼らは、ジムは非社交的で消極的な性格だと答えたのです。


第一印象が引っ張る

「初頭効果」という記憶のメカニズムでは、

人間は初めに与えられた情報の方を信じやすいという効果です。

多くの詐欺事件で共通していることは、

最初にあった時に、相手がきちんとした服装をしていたから、

すんなりと信頼してしまったというのです。

その結果、後から不審な点があっても、

意識できなくなってしまう心理現象が起こるのです。

したがって、騙されやすくなってしまうのです。


さいごに

いくら「外見より中身」とはいっても、

第一印象が与える効果は無視できないのです。

逆に、人を騙そうという人間は、

第一印象に気をつかっていることを、知っておいてください。

次回は、「初頭効果」と矛盾するのですが、

「最後の情報ほど頭に残る」というメカニズムについて解説します。