アクセスを集める記事の書き方・ど素人でもわかるたった5つのポイント

記事の書き方

一生懸命記事を書いて投稿しても、誰も見てくれなければ意味がありません。

ここでは、アクセスを集める記事の書き方について5つの注意点を解説します。

つまり、GoogleやYahoo!などの検索エンジンからの流入が大半といえるので、

そのサーチエンジンの特性を知ることが大切なのです。

アクセスを集めるための5つのポイント

    1. 記事タイトル付けはかなり重要
    2. 面白味と読み応えが大切
    3. 情報がなくてもボリュームある記事にするコツ
    4. キーワードに合った内容
    5. 記事の更新頻度

記事タイトル付けはかなり重要

記事のタイトル付けは、かなり重要な作業です。

検索エンジンで誰もが注目する部分であり、アクセスが集まるか集まらないかはココで決まります。

なので、記事タイトルを付けるコツについて解説します。

 

記事タイトルは31文字以内

キーワード選定をして、情報を収集し、記事タイトルを決定するのですが、

記事タイトルの付け方次第でアクセス数が左右されます。

 

例えば、ドラゴンクエストの新シリーズの発表があると、

「ドラゴンクエストの発売日はいつだろう?」と考えるユーザーは、

【 ドラゴンクエスト 新シリーズ 】と検索するでしょう。

すると検索エンジンで表示された検索結果から、

一番上に表示されている1位表示のタイトルをとりあえずクリックします。

つまり、検索結果のクリック率は表示される順位が大きく影響するのです。

理想は自分の記事が1位~5位に表示されることです。

 

どんなキーワードで狙うかを決めても、

どんなタイトルにしたら競合サイトの記事より、

自分の記事タイトルがクリックされやすいかを考えることが必須です。

その為には、

クリックしたくなる魅力あるタイトルを付けることです。

 

記事タイトルで記事内容を伝えたいからといって、

何も考えずに長い記事タイトルにしてしまうと、検索エンジンでは全部表示されません。

つまりタイトルが途切れてしまうことになります。

 

検索エンジンでは Googleの場合は32文字、Yahoo!では31文字しか表示されません。

このような理由から、記事タイトルは31文字以内で付けるようにした方がいいです。

逆に文字数があまりにも少ないと、

キーワードの観点からアクセスを集める可能性が少なくなってしまうので、

できる限り28~31文字くらいの記事タイトルを付けることをオススメします。

 

記事を書くたびに、文字数を数えるのは面倒です。

文字数をカウントしてくれる便利な無料サイトがありますので、

コチラを利用しましょう。    ラッコID

ラッコID

 

メインキーワードは先頭

メインキーワードは必ず先頭に持ってくることを推奨します。

検索エンジンは、先頭のメインキーワードと複合キーワードを結び付ける仕様になっています。

なのでメインキーワードを先頭に持ってきて、何の記事なのかをはっきりさせましょう。

 

自然な日本語の記事タイトル

上位表示を狙うキーワードを集めすぎると、不自然な日本語になってしまいます。

すると Googleの評価を下がってしまうことがあります。

キーワードを詰め込まなくても、2~3つのキーワードを入れ、

誰が読んでも日本語として自然な記事タイトルになるようにしましょう。

 

クリックしたくなる単語やフレーズを使う

思わずクリックしたくなる単語やフレーズを記事タイトルに入れると効果的です。

  • 「たった〇〇〇だけで」などの簡単さをイメージさせるフレーズ
  • 「これだけで〇〇〇」「〇〇〇過ぎる」などの協調する言葉
  • 「えりすぐり10選」「5つのポイント」などの具体的な数字
  • 「損している!」「危険な〇〇〇」などのマイナスを避けたい気持ちを煽る言葉
  • 「〇〇〇まとめ」「〇〇〇大百科」などのまとめを伝える単語

さらには「ヤバい!」「暴露!」「衝撃的!」などを使うことで興味を惹ければ、

上位表示されていないあなたの記事タイトルをクリックしてくれるようにもなります。

このような言葉は刺激的なので、ユーザーの目に留まりやすく見たくなります。

 

面白味と読み応えが大切

あまりにも文章がかたく教科書みたいな記事は、

読み飛ばされたり、離脱される可能性が高くなります。

面白味のない記事や読み応えのない記事になってしまうのは、

以下のような原因が考えられます。

  • 情報収集したことだけしか書かない
  • 不確かな情報しかない

なので読み応えのある記事の書き方について解説します。

 

情報収集したことだけではダメ

情報収集したことだけだと、読者は解説書を読んでいるとうな気持ちになります。

なので情報収集した結果、あなた自身がどう思ったか?どう感じたのか?

あなたの感情、意見、経験などを内容に入れていきましょう。

そうするだけで、あなたの色が付いたオリジナルの記事に変貌します。

 

不確かな情報しかなかった場合

不確かな情報しかなかった場合、

「情報はありませんでした」「詳細がわかり次第アップします」などと、

一行だけで終わってしまっている記事を見かけます。

読者は、その情報が知りたいから検索して、あなたの記事を読んでいるのです。

それでは、読者に満足してもらえるわけがありません。

 

そんな場合は、あなたの予測や過去の事例を付け加えておきましょう。

それを読んだ読者は確定的な情報じゃなくても知識が増えることになり、

納得してもらえる可能性はあります。

 

情報がなくてもボリュームある記事にするコツ

ライバルの少ないキーワードを見つけたのに、何を書けばいいか悩むことがあります。

ここでは情報がなくてもボリュームのある記事の書き方について解説します。

 

情報がなくても諦めるな!

せっかくライバルが少なく需要のあるキーワードを見つけたのに、

情報がなく記事を書けなくて諦めてしまう初心者は多いはずです。

しかし記事が書けないからといってそのキーワードを諦めるのは本当に勿体ないことです。

ライバルが少なく需要があるキーワードで上位表示させられたら、

必ずアクセスはたくさん集まってきます。

 

情報がなくても記事にするコツ

情報がなくても記事を書く方法はあります。

前項でもお話しした通り、

その情報についてのあなたの予測や過去の事例などを挙げ、

仮説を証拠付ける内容を書くことで記事として成り立つのです。

また、TwitterなどのSNSの反応を一緒に掲載することで、説得力が上がります。

ブログはその情報について知りたい人が訪れるので、

あなたの記事を読んで、納得して満足してもらうことが目的です。

仮にまだ未確定な情報であっても、わかる限りの情報を伝えることで、

納得して満足してもらうことができればいいのではないでしょうか。

後に詳細情報が入ったら追記することで、より満足度の高いブログになります。

 

キーワードに合った内容

選定したキーワードの内容を書くのは当たり前なのですが、

キーワードとは全く関係のない内容を書き綴っているものも少なくありません。

なぜキーワードに合った内容で記事作成しなければならないかを解説します。

 

知りたい情報以外は無駄

例えばあなたが初めて海外旅行に行くことになって、持っていくものを調べていたとします。

そこに長々と旅行記が書かれていて、持っていくものの情報がなかなか出てこない場合、

あなただったらどうしますか?

読み飛ばしたり、別の記事を探したりしませんか?

 

記事を探して見る目的は、読者がその情報を知りたいからなのです。

なのでキーワードに合った内容の情報を書くことで、読者が満足してくれるのです。

しかし情報の羅列だけでは面白味に欠けるので、

なぜ持っていった方が良いのかという理由や体験談・失敗談などが書かれていると、

読み応えのある記事に仕上がります。

 

無駄な情報はSEO対策にも影響あり

検索エンジンは「この記事にはこんな内容が書かれている」と、記事全体を判断しています。

しかし、記事の中に全く関係のない無駄な情報が含まれていると、

記事タイトルと合っていないと判断されてしまい、

SEO的にも良くない結果をもたらしてしまいます。

 

様々な情報を伝えたい気持ちはわからなくもありませんが、

話の筋が異なる情報はできる限り入れないように注意しましょう。

それよりもキーワードに合った内容を詳細にまとめたりして、

深みを持たせることをオススメします。

 

記事の更新頻度

アドセンスで収益化ができていない人の殆どは、記事の更新頻度が少ないです。

記事の更新頻度を上げ、継続していれば必ず収益化が可能です。

そのためのモチベーションを上げていくことが大切です。

 

1日1記事を目標に!

アドセンスブログに限らず、その他のブログでもいえることですが、

成果が上がってくるのは100記事を超えたくらいからです。

週に1~2記事の更新では、記事の見られる機会も少なくなかなかアクセスが集まりません。

最低でも1日1記事は更新した方が、ドメインも順調に強化されていくことになります。

実際1日1記事の更新では、100記事到達までに3ヶ月以上を要します。

それまで成果が出てこないと、人間の意志は弱く我慢できないのです。

最悪の場合、途中で諦めて辞めてしまう人は少なくありません。

 

更新頻度を上げるメリット

更新頻度が上がると大きくアクセスを集める記事が出る可能性があります。

またほかの記事に飛んで読まれたりする機会が増え、各記事に小さなアクセスが集まり、

ブログ全体のアクセスアップにつながります。

更に記事を書いていくことで、あなた自身のライティングスキルが向上します。

更新頻度を上げることは、様々な面でメリットになります。

1日1記事と言わず時間があれば何記事でも更新することで、

ドメインの強化になり後々のブログ運営にも大きく影響します。

 

時間がないという言い訳

会社員で勤めていたり子育てで忙しい主婦で、

「時間がない」と思っている人は多いでしょう。

しかし、ちょっとした隙間時間を活用することを見落としていませんか。

パソコンに向かって記事を書く時間だけが作業時間ではありません。

通勤時間や休憩時間を上手く使うことができればいいのです。

つまりパソコンに向かっていなくても作業はできるのです。

 

隙間時間にスマートフォンで情報を収集したり、

記事の構成をメモしたりしておくことでかなり効率は上がります。

作業時間を努力して見つけ出す工夫をすることで、思った以上の効率化が図れます。

「時間がないから作業できない」と勝手に思い込み決めつけてしまうと、

更新頻度を上げることは困難です。

隙間時間の10分でも、6回あれば1時間になります。

時間を上手く活用することをオススメします。

 

ネタはたくさん転がっています

ブログ運営をしていて「書くネタがない」って悩む人も少なくありません。

でも難しく考えることはありません。

日常生活の中でも、いろんなところにたくさん転がっています。

物事を見過ごすか見過ごさないか、気付けるか気付けないかはとても重要です。

あなたが気になることはどんどん記事にしていくことで、

常にネタをキャッチできるアンテナが育っていきます。

「これは記事になるかも!」って思えるようになったらもう心配いりません。

 

ネタを感じ取ったら「読者にとって有益な情報になるかどうか?」を考えます。

「読者がどんなことを知りたいのか?」を考え複合キーワードを見つけるのです。

これが自然とできるようになったら、

かなりスキルが身に付いたと言っても過言ではありません。

 

また、1つのネタに対して1つの記事だけで終わるのではなく、

視点を変えてみることで複数の記事を書くこともできます。

そうすることで記事数を増やしていくことも可能です。

 

まとめ:アクセスを集める記事作成の5つのポイント

アクセスを集めるには、検索エンジンの上位表示を狙うことが大事です。

そのためにキーワードを選定したら、記事タイトルの先頭にメインキーワードを入れ、

31文字以内で記事タイトルをまとめましょう。

記事タイトルの付け方次第でアクセスは大きく変わります。

ライバル記事に負けないくらい魅力的かどうかを考え、手抜きは厳禁です。

誰もがクリックしてしまうような魅力的な記事タイトルが付けられたら、

必ずアクセスアップにつながり、Googleの評価も上がります。

 

ブログはあなただけのオリジナル媒体です。

どこにでもあるような差し障りのない記事では面白味がありません。

アドセンスのプログラムポリシーに違反しなければ、好きなことを書いて、

仮に尖った感情を書き綴っても、読者に取ったら読みごたえがある記事になることでしょう。

 

記事作成で注意すべきことは、選定キーワードに合った内容が望ましいということです。

無駄な情報は評価を下げてしまう恐れがあります。

常にネタを探し、隙間時間を有効活用することで、

ブログの更新頻度を上げましょう。

そうすることであなたの記事にアクセスが集まり、

ブログの価値も上がっていき、最終的には収益につながります。

 

最後に、諦めなければ成功できることを断言します。

 

 

 

2件のコメント

  1. […] ど素人のためのネット副業お助け情報サイトアクセスを集める記事の書き方・ど素人でもわかるたった5つのポイントhttps://shoutarou.club/helpme/blog-access00/一生懸命記事を書いて投稿しても […]

  2. 「アクセスを集める記事の書き方・ど素人でもわかるたった5つのポイント」というタイトルに惹かれます。タイトルは大事ですね。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。