あなたのPCは安全か?【日本昔話編】

家に「鍵」をかけないと、泥棒に狙われますよ!インタネットでも同じこと。現実の社会で起きている犯罪も、すでにインターネットの社会でも起こっているのです。今回は、その危険に迫ってみます!

アプリのインストール

むかしむかし、あるところに白雪姫というとても美しい王女がいました。しかし、彼女のお母さんは、自分が一番美しいと思っていたのです。

ある日、お母さんが魔法の鏡に向かい「この世で一番美しいのは誰だい?」と問いかけたのです。すると、魔法の鏡は「それは白雪姫じゃ」と。

お母さんは腹を立て、不正なアプリを開発し、親切なおばあさんに変装し、言葉巧みに誘導し、白雪姫のスマホにインストールさせたのでした。

すると、白雪姫のスマホは乗っ取られ、どうすることもできなくなってしまったのでした。

なりすまし被害

むかしむかし、あるところに赤ずきんと呼ばれる女の子がいました。彼女は森の中にいるおばあちゃんの家に行く途中でした。

そこの狼が現れ、お花を摘んで行ってあげるよう親切に助言したのです。狼はおばあちゃんの家に先回りして、おばあちゃんを食べてしまいました。そして、狼はおばあちゃんに変装して、赤ずきんを待っていました。

おばあちゃんの家に着いた赤ずきんは、おばあちゃんに成りすました狼に食べられてしまいました。

脆弱(ぜいじゃく)なパスワード

むかしむかし、あるところに3匹の子豚がいました。それぞれ自分の家を建て、合言葉で中に入れるようにしたのです。

何も考えず、長男は自分の名前を合言葉にしてしまいました。案の定、狼は簡単に家に入ることができちゃいました。

次男は誕生日を合言葉にしました。しかし、お誕生会の様子をSNSに投稿したことで、狼は誕生日を知ることができました。もちろん狼は、すぐに侵入することができました。

2匹の子豚は、末っ子の家に逃げ込みました。末っ子は、長くて想像もできない合言葉を使ったことで、狼から逃げることができました。

まとめ

インターネットの世界は怖いものです。メールやメッセージ、SNSなどでも偽ページへ誘導する『フィッシング詐欺』が後を絶ちません。

見た目ではわかりません。

例えば「お客様のLINEアカウントに異常ログインされました。お客様のアカウントの安全のため、ウェブページで検証をお願いします。こちらのURLをクリックしてください。」というメールが届いたら・・・。

クイックさせるURLには、不正な目的であっても【https://】とか【line】とか、それとなく安心させるためのサービス名や企業名が使えるので、十分注意しないと騙されてしまいますので十分注意が必要です。

 

 

 

“あなたのPCは安全か?【日本昔話編】” への2件の返信

  1. こんばんは。またブログランキングを見てきました。
    またまたとても重要な情報を有難うございます。
    参考になるというか、助かります。
    有難うございます。またランキング応援します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください