サイトアフィリエイトで稼ぐためには?

こんにちは!トニーです。今回は、アフィリエイトの記事についてちょっとお話してみたいと思います。アフィリエイトのサイトを構築しても、ユーザーがあなたのサイトにたどり着いて、読んでもらえなければ何の意味もありません。では、どうしたら?

メルマガに騙されるな!

まず大切なのは『情報収集』ですね。最初の頃は、いろんなメルマガを読んで情報収集に精を出していましたが、どれが正しいのか分からなくなってきたんです。あなたは、そんな状況に陥っていませんか?

「アフィリエイト」はネットビジネスですから、移り変わりも速いです。昨日までは何の問題もなかったものが、いきなり利用不可能になってしまう手法に!そんなことも珍しくありません。そんな変化にも順応するために、複数のメルマガに目を通して最新の情報を得るのであればいいのですが、自分の中に『軸』がない目移りばかりしてしまい、その結果「ノウハウコレクター」になってしまったり、高額な「塾難民」になってしまうリスクが高まってしまうのです。

トニー
今日もこんなにメルマガが届いてる~!こりゃぁ、目を通すだけでも時間がかかるなー
キャッシ―
ねぇ、いつまでクリックしてるの?早く作業しなきゃ、お金にならんですよー
トニー
これでも「情報収集」してんだから!
キャッシ―
ねぇ、今のあんたに必要なのは「情報収集」じゃなくて『情報遮断』だよ!何処の誰かも知らない人のメルマガに踊らされてばかりしてたら、いつまでたっても自分で考えたり創意工夫するスキルが身につかないよ!
トニー
なるほど~!他力本願じゃ自分の「思考力」がなくなってしまうなー。たまにはいいこと言うんだねー

ということで、それまで読んでいたメルマガを2つに絞って、残りは全て購買解除しました。惜しい気持ちはありましたが、今になって考えると「もっと早く解除しておけば、時間も無駄にならなかったのに」と後悔しか残りません。インターネットビジネスをしていく上で、メルマガは貴重な情報源でありますが、それは自分がコントロールできた上での話です。メルマガを読むことに貴重な時間を費やすのであれば、まずは作業に費やす時間を大切にしましょう。

グーグルさんとのお付き合い

実を言うと『アフィリエイト』なんてビジネスは、生かすも殺すもグーグルさんの手の内にかかっているのです。アフィリエイトで稼いでいるサイトが、将来も稼ぎ続けることは不可能であると、まずは覚悟を決めましょう。

グーグルさんのアップデートに泣かされ、無情にも積み重ねてきたサイトが一瞬で圏外に・・・。サイトアフィリエイトをやる以上は、どんなにページ数があっても、たとえオリジナル記事を書いていたとしても、グーグルさんに飛ばされる「リスク」は常にあるのです。これに対抗する手段のひとつが、サイトの量産であり、時間差をつけたサイト作成なんです。

稼いでいる同一ジャンル、もしくは類似商品で、同じキーワードや関連キーワードでサイトを作り、時間差でアップしていく手法です。よく「縦展開、横展開」と呼ばれている手法なんですが、これに時間差を加えることで、リスクを軽減させようとするものです。もしあなたが『稼げるジャンル』『稼げる商品やサービス』を見つけたら、グーグルさんが乱心しても大丈夫な準備をしておくことは重要です。

キャッシ―

ズバリ!ここが狙い目

トニー
『稼げるジャンル』って言ったって、やってみないことには結果が分からんですよ
キャッシ―
ねぇ、ヒント欲しい?本当は胸の中に隠しておきたかったんだけど・・・

ズバリ! ジャンルは『脱毛』です。複合キーワードは『東京』ですね。これから夏を迎えるわけですから、このジャンルは「鉄板」とも言える稼げるジャンルなのです。ちょっとリサーチしたら、東京で脱毛したい女性が多いこと多いこと。まぁ、大都会「東京」ですから、人口も地方とは比較にならないですから、『脱毛+東京』のポテンシャルは高いと言えるのです。

後は『SEO』ですが、検索エンジンへの登録やブックマークへの登録は必須で、SNSも利用して積極的に取り組めば稼げるはずです。アフィリエイターは稼いでナンボの価値ですから。他にもあれこれと案件やキーワードが頭に浮かんでますが、それは追々と情報を発信していきます。読者を呼ぶならコレ!

キーワードに悩むな!

昔ながらの複合キーワード『商標+激安』では、だんだん稼げなくなってきていると嘆いている人がいました。あとの定番は『口コミ』や『通販』ですが同様です。でも、稼げるキーワードが分かったら苦労しないですよね!

100点満点のキーワードかどうかは、やってみないと分からないものです。しかし、限りなく稼げる可能性のあるキーワードは検討つけられます。

キャッシ―
どうやって検討つけるか、知りたいの?
トニー
知りたい!知りたい!

それは、Yahoo! JAPAN の 『虫眼鏡キーワードです。これは、ある水準の検索数を持ったキーワードということで、アクセスが呼び込める可能性が非常に高いので『稼げるキーワード』として人気度がアップしています。「誰よりも早く、誰よりも多く、アフィリエイトサイトを作る」、この作業をコツコツできる人が、最後には勝者となれるのです。

有利なキーワードとは?

これまでもお話しした通り、キーワードが非常に重要です。しかし「商品名+激安」や「商品名+効果」とかは、残念ながら激戦区と言っても過言ではありません。激戦区になれば『SEO』の実力があるアフィリエイターには到底勝ち目はありません。では、初心者や SEO の力がまだ弱いアフィリエイターはどうすればいいのでしょうか?

発想を転換させて、あえて『ネガティブキーワード』を選ぶ手法があります。例えば、多くのアフィリエイターは『脱毛+激安』や『脱毛+効果』をキーワードに、せっせとサイトを作ります。できることなら面倒な SEO を避け、なるべくライバルの少ないキーワードで楽して稼ぎたいと思うわけです。そこで『脱毛+後遺症』とか『脱毛+失敗』とか、思いっきりネガティブキーワードで攻めるのです。「脱毛したいけど失敗したらどうしよう・・・」と思っている人をターゲットにしたキーワードですが、思わずドキッとしてしまうネガティブなワードでお誘いするのです。そして、サイトを開くと脱毛は失敗もせず、後遺症もないことが分かり、安心してクリックできるように誘導するのです。

このように、キーワードの選定では視点の位置や考え方ひとつで変わります。ライバルの多い激戦区を狙うのもいいですが、ライバルの少ない場所でこっそり稼ぐのも結構「快感」を憶えます!

売れる記事のパターン

攻める『キーワード選定』が決まったら、早速記事を書いていく作業になります。「どんな記事を書けばいいのか?」と悩み手が止まっていませんか。そこで『売れる記事』についてアドバイスしていきます。

アフィリエイトで欠かせない条件は、悩みの解決を手助けしてあげることです。例えば、若ハゲに悩む男性がいたとします。その男性は30代の青年で、まだ未婚。そろそろ結婚を意識し始めました。あなただったらその男性に、どんなストーリーで記事を書きますか。

よくあるパターンは、育毛剤の効果や特性から入っていく記事です。記事の書き方は算数ではないので、これがベストであるとは言えません。しかし、稼いでいるアフィリエイターさんの記事を幾つか観察すると、まずは『共感』を獲得しにいっています。次に、今のままでは大変なことになるという脅し文句をさり気なく語り、最後に悩みを解決する方法として「〇〇という育毛剤」がありますよ、と。今すぐ解決したい人はコチラへ・・・という流れで広告へ誘導するのです。

見事なもので、多少オーバー気味に書いた方が、同じような悩みを持つ人の心には届くことでしょう。

トニー
こんな感じでどうですかねー

先日、TVの特番でやっていましたが、若ハゲに悩む30代~40代の男性が年々増加しているとのことでした。

実は私も例外ではなく、このまま進行すればどうなるのかと心配で、夜も眠れないことがあります。それにまだ未婚なので、早く綺麗な彼女を見つけて結婚したいと思っているのですが、どうしても薄毛が気になってしまい、好意を寄せてくれる女性に対しても積極的になれないのです。

正直、これまでモテた経験なんてほとんどなかったのも、このハゲのせいだ!と強いコンプレックスを持っていました。このままでは、生涯独身で過ごさなければならないのか・・・と思う日々です。

そんなどん底の私に、母が「お前もこれでハゲを治してお嫁さんをもらって、母さんを安心させておくれよ」と持ってきてくれたのが〇〇〇とうい育毛剤だったのです。

「母さん、こんな余計なことしなくても、ちゃんと考えてるから」と口では言うものの、心の中では感謝していました。その日から、〇〇〇が朝晩の日課になっています。以前は、鏡を見るのが嫌だったのですが、今では鏡を見ながら髪をとかすのが楽しみなのです。

今度、彼女を母に紹介するつもりです。

さいごに

いかがでしょうか 。ちょっと「体験談風」な書き方でしたが「客観的な紹介文風」でも基本的なパターンは変わりません。記事は、書けば書くほど自然にパターンがわかり、どんどん上達していきます。「私は文章が苦手で」と言っていては、上手くなれる機会を自分から放棄しているのと同じです。まずは文章を書く習慣を身につけてくださいね。

今回は、アフィリエイトで稼ぐための重要なポイントをお話ししてきました。『先を見据えた商品やサービス』『ライバルの少ない複合キーワード』『共感を獲得する書き方』これさえ押さえておけば、あなたの悩みも解決することでしょう。それでは、また「ネットで稼ぐ為のネタ」を発信します!

トミー
こんな「吹き出し」って、読み手も楽しいよね!吹き出しを使ってみたいなら・・・⇨詳細はコチラ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください