いまどきの『副業』事情と取り組み方

世界中が「コロナ禍」で大変な時代になっています。時短営業や休業要請が政府から発令され、飲食業界は打つ手もなく経営困難に陥ることが珍しくありません。老舗の旅館が倒産するようなニュースがあちこちで報道されています。そんな中、ネットを徘徊していると『時代は副業解禁へ』の文字が飛び込んできた。

厚生労働省は「柔軟な働き方に関する検討会」を開催し、「副業・兼業の促進に関するガイドライン(案)」を提示しました。  ⇨詳細PDF資料

我々が就職した頃は、同じ会社に長く勤務することは当然のような社会でした。副業なんてすれば解雇処分・・・そんな感じでした。しかし、今は本業の傍ら副業を持つ働き方が推進されているというのだから、ビックリです。

「副業」の定義とは?

そもそも「副業」というのだから「本業」があってのものです。つまり、本業を持つ労働者(被雇用者)が勤務時間外に行うものということです。「アルバイト」「内職」「サイドビジネス」など呼び方も様々です。主たる生計を支えている本業の給与収入では満足した生活ができない不満、もしくはもっと豊かになりたいという願望から、今以上の収入をあげるための方法・手段のひとつです。

厚生労働省で出される「モデル就業規則」において、原則禁止とされていた「副業・兼業」が、なぜ今、政府がその促進に方向転換し、メディアでも企業の副業容認の取り組みを報じています。つまり今の時代においては『副業』に対する世の中の興味や関心が高まってきているといえるでしょう。

企業(雇用者)側のメリット

これまでの多くの企業では、副業は「原則禁止」でした。しかし今、副業を容認する動きが見られてきています。その背景には、副業を容認することで、時間の有効活用や経済的余裕を求める従業員の「満足度」を上げたいと考えているのでしょう。また、副業によってスキルアップやマーケティングなどの営業活動につなげたりと、本業にも相乗効果をもたらす可能性があります。

バブル期のように、企業側が終身雇用で従業員とその家族を守っていくことが当たり前だったのが、今や困難な時代になっており、各自が次の道を切り開いていかなければならないような危機的状況を暗示しているかのようである。

企業イメージ

政府が掲げる「働き方改革」を進めている、多様な働き方を認めている、そのような先進的な企業であるとイメージ向上になります。

優秀な人材の獲得

自社で本業として働きながら、副業も行えるようなスキルの高い人材を採用できます。また、逆に副業先として、自社に興味を持つ人材を採用できる場合もあります。

経済の活性化

副業により従業員の生活が豊かになれば、その分消費も増え景気の回復が見込めます。それにより、自社製品・サービスの売り上げ増加にもつながります。

働き手(従業員)側のメリット

政府が打ち出した「働き方改革」により、長時間労働の風潮が是正され、残業禁止、テレワーク推進などでオフィスに滞在する時間が短くなっています。そのため従業員は自由な時間が増えています。その反面、大幅な給料アップも見込めず、残業代が減少しているため、副業で収入の補填を望む人が増えているのです。

自己啓発

本業では得られない経験ができ、人脈や視野が広がります。現在の仕事に役立つ情報を得られたり、新しい気付きがあったりします。また、転職することなく、業務以外のキャリアやスキルを積むことができます。

収入の柱

本業と副業の収入の柱を複数持つことで、精神的にも経済的にも安定します。また様々なライフイベントによって本業の仕事を辞めたとしても、ある程度の収入を維持することもできます。

副業禁止

副業には様々なメリットがあり、社会的にも認知度が高くなってきています。しかしながら、まだ半分以上の企業では「一切禁止」「原則禁止」というのが現実です。

その理由は、本業と類似した業種だと、情報漏洩のリスクが高まるからです。また、副業に専念しすぎて本業がおろそかになる可能性があります。企業にしてみれば、副業が軌道に乗った結果、せっかく育てた人材が退職してしまったりするリスクがあるからです。

さいごに

今、コロナ禍において経済的な不安が増える一方、自由な時間があるので「やってみたくなる」という気持ちは理解できます。企業側の「副業させない理由」をしっかりと理解し、ルールは守らなければいけません。その上で副業をやるのであれば、本業をおろそかにせず、コンプライアンスに注意して行ってください。

「副業」とは、本業を全力で行った上で、プラスアルファで行う行うものです。副業することで毎日がつらくなったり、気もそぞろに集中できなくなったりしてはいけません。余裕があれば行う、多少大変でもワクワクするから、誰かの役に立つから、など自分が生き生きと楽しめる副業に挑戦してみることをオススメします。前向きな気持ちで取り組める副業に出会った時が、あなたの第一歩を踏み出す時です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください