SEO対策のキーワード選び【初心者向け㊙テクニック】

(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

初めてのSEOは、大変かもしれません。

でも、何度も繰り返し読んでいただければ自然に身についてきます。

SEOでは、単に上位表示をさせることではなく、『狙ったキーワード』で上位に表示させることが重要なのです。

アフィリエイトの場合、稼げそうなキーワードを見つけたとしても、ライバルが多かったら戦えません。

そこで『ブルーオーシャン・キーワード』が全てのカギになります。

しかしながら、このブルーオーシャン・キーワードを発掘するのは、決して簡単ではありません。

ここでは、そのお宝キーワードを発掘する方法についてお話しします。

 

ブルーオーシャン・キーワードの見つけ方

かなりの熟練者であっても、ブルーオーシャン・キーワードを発掘するのは簡単ではありません。

なので、今回はその候補を絞り込む方法をお伝えします。

巷では、お宝キーワードを発掘するツールもあるようですが、「無駄なお金をかけたくない!」とうい人におすすめできる手法です。

ただ、時間がかかるのがデメリットであることは先に言っておきます。

 

検索結果

まず、普通に適当なキーワードを入力し、Google 検索してみます。

すると、検索窓の下に 〇〇件(△△秒) というい表示が出ます。

これは Google が検索結果の答えに該当するであろうと予測した件数です。

 

例えば、【 FX ツール おすすめ 】という複合キーワードで検索してみると、1,300万件の検索結果が出てきます。

 

 

この『件数』が表示されるという事実を確認してから、この先を読み進めていってください。

 

オールインタイトル検索【重要】

まずは「オールインタイトル検索」という方法について説明していきます。

 

検索手順

検索したいキーワードの前に、『 allintitle: 』(オールインタイトル+コロン)をつけて検索します。

例えば、【 allintitle:FX ツール おすすめ 】と入力して検索してみます。

 

 

オールインタイトル検索を使うと、

「複数キーワードのすべてが含まれている記事タイトル」のみが表示されます。

つまり、

記事タイトル中に「FX」「ツール」「おすすめ」の3つのキーワードが使われていることを条件とした検索結果の表示方法です。

ちなみに、

オールインタイトル検索の結果は、約891 件になっていました。

 

検索結果の表示件数

それでは、この検索結果の件数についてお話していきます。

この「オールインタイトルの検索結果」とは、

『そのキーワードで狙っているライバルの実質数』なのです。

先ほどの検索結果でいえば、

実際に狙って上位表示させたいライバルの数は、891人いるということです。

 

ここから更に、Googleのキーワードプランナーを利用して『検索ボリュームの数』とを照らし合わせていくのです。

Google キーワードプランナーの使い方

 

このように実践していくと、検索ボリュームが多い一方で、対策している人が少ないキーワードを見つけることが可能になるのです。

つまり、

オールインタイトル数が少なく、

月間検索ボリュームが多い、

こんな「キーワード」なら稼ぎやすそうですよね!

 

ただ普通の検索を行うと、何千万件もの検索結果が出てきます。

最近の Google は、しっかりと本文からもキーワードを拾ってこれるようにGoogle 検索の精度が上がっています。

何度も言いますが、

「狙うキーワード」をしっかりと件名に入れ込むことで、上位表示を狙いやすくはなりますが、決して「サイトの中身を充実させること」に手を抜いてはいけないということです。

ここで解説した方法で、「ブルーオーシャン・キーワード」の手がかりを見つけ出し、自分が戦える土俵に臨んでいくことが成功の近道です。

 

では、その「ブルーオーシャン・キーワード」を見つけ出すための、更に効率的な方法を解説していきます。

 

 

効率的なブルーオーシャン・キーワードの見つけ方

「ブルーオーシャン・キーワード」を見つけたからといって、すぐに上位表示できるわけではありません。

また、上位表示されたからといって、成約が生まれるというわけでもありません。

 

キーワード × 文章力

『 キーワード × 文章力 』

これが合致して初めて、ブルーオーシャン・キーワードの意味が活かされるのです。

ただ言えることは、その結果、予想外の要因で成約が発生するようになったり、またその逆で、自分が思っていた通りに成約が生まれないということもあります。

しかし、自分なりの正解を見つけられるまでは、諦めずに作業してみるようにしてください。

 

そのためにも、キーワード選定には時間をかけず、より正確にキーワードを選定していけるようになることが大切です。

熟練者でも難しいと言われているのに、短時間で「ブルーオーシャン・キーワード」を見つけるのは無理じゃない?

って思っている人は「ツールを使ってみる」手もあります。

 

ツールを使うメリット

キーワード選定の時間が短くなるのはもちろんです。

また、自分で見つけるよりも、正確な「お宝キーワード」を見つけられます。

 

ツールを使うデメリット

ツールには初期費用がかかります。

なので、自分の予算と相談してみましょう。

 

ツールの紹介

 

キーワードスカウターST

 

「アフィリエイトには、できるだけお金をかけたくない・・・」

という気持ちもわかります。

しかし、これからいろいろなことを学んで、稼ぐためのスキルを身につけていくわけですから、初期投資をしてでも時間を短縮させられるツールを導入する価値は、十分あると思います。

因みに、

このツールでは「お宝キーワード」を見つけられるだけでも、非常に重宝するはずですが、同時に「稼ぎやすい商品」も発見できる機能も兼ね備えています。

 

SEO対策のキーワード選び【まとめ】

ここまで SEO についてお話してきましたが、理解できましたでしょうか?

初心者向けの内容だったので、何となくは分かっていただけたことと思います。

さいごにまとめておきましょう。

 

✅どんな熟練者でも、「完璧な」ブルーオーシャン・キーワードを見つけるのは、時間も費やすし、かなり難しいです。

✅例えブルーオーシャン・キーワードを見つけたとしても、そのキーワードで検索した読者が求めている「正しい回答の提供」ができなければなりません。

✅読者に読んでもらえる「文章力」も必要です。

 

この『ライティング力』についてのポイントは以下の2点です。

      1. 「知りたかったことが、1つのサイトだけで解決できる」記事
      2. 「端的で、わかりやすい」文章

簡単にできそうですが・・・

✅読者が知りたいことは一体何なのか?

✅1サイトで解決するため、内容を充実させるためにはどうしたら良いのか?

✅「わかりやすい説明」とは何なのか?

これらを解決するために、関連キーワードや潜在的な需要のあるキーワードを使い、「コンテンツの決め方」「文章を書く順番」などを考えていく必要があります。

読んで理解するのは、意外と簡単だと思います。

しかし、現実は・・・

初めから上手くいく人は殆どいません。

なので、諦めずに、実践あるのみです。

一緒に頑張っていきましょう!

 

▼▼▼▼ 初心者のためのSEO対策講座 ▼▼▼▼

▶第1講義 【 SEO対策のやり方

▶第2講義 【 SEO対策~実践編~

▶第3講義 【 ライティングのコツ

▶第4講義 【 キーワード選定 】 ※今回の講座

カテゴリーSEO

“SEO対策のキーワード選び【初心者向け㊙テクニック】” への1件の返信

  1. ブルーオーシャンキーワードについて教えていただきありがとうございました。参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください