Google アドセンス審査用の記事作成のコツ【ど素人でも一発で審査通過できるブログ作成のポイント】

アドセンスの審査を通過するには、承認されやすい記事を作成した方が有利です。

アドセンスの審査に通過しやすいブログコンテンツの作り方、

アドセンスの審査に通過しやすい記事の内容、

アドセンスの審査に通過しやすい記事の書き方について、

誰でも一発で審査通過ができるブログのポイントをまとめました。

アドセンスの審査に通過しやすいブログコンテンツの4つのポイント

アドセンス審査に通過しやすいブログコンテンツを作成する4つのポイントについてまとめました。

    • 記事の文字数
    • 記事数
    • カテゴリー分け
    • グローバルナビゲーションの設置

 

記事の文字数

1記事の文字数は、

最低でも1,000~1,500文字くらいの記事を書くように心がけましょう。

500文字程度の記事ばかりだと審査通過は難しいです。

価値あるコンテンツとして閲覧者が満足できるように何かを伝えようとするならば、

原稿用紙1枚程度では伝えたいことも伝わらないからです。

 

例えば自分が奇妙な体験を人に伝えようとした場合、

一生懸命話そうとして時間がいくらあっても伝えられないような経験ないですか。

それと一緒で、相手が満足するように伝えるためには多くの情報量が必要であり、

結果的に文字数は多くなるものです。

 

もしかすると、話はできるけど文字にするのは苦手で難しいと思うかもしれません。

しかし Google アドセンスで収益化したいのであれば、

価値のあるコンテンツを提供し、記事もたくさん書かなければなりません。

文字数を増やすために他のブログなどから文章をコピーしたりする行為は、決してやらないでください。

あなたのオリジナルコンテンツにしなければ Google からの評価はいただけません。

 

また「1,500文字になったからもういいや」なんて思わずに、

しっかりした情報を伝えられるコンテンツになるように心がけてください。

 

記事数

アドセンスの審査に申請する記事数は、20~30記事くらいを目標にしましょう。

10記事程度でも審査を通過することもありますが、

もし非承認になってしまうとどんどん遅れてしまいます。

非承認が続けば続くほど審査通過は不利になる傾向があります。

理想はやっぱり、非承認されず一発で審査通過することです。

 

カテゴリー分け

記事のカテゴリーは複数に分けた方が有利です。

また各カテゴリーの中には、最低でも1記事は入っているようにしましょう。

 

グローバルナビゲーションの設置

グローバルナビゲーションとは、ブログのトップにあるメニューのことです。

一般的にグローバルナビゲーションに設置しておくといい項目は以下の通りです。

  • サイトマップ
  • お問い合わせページ
  • プライバシーポリシー

 

サイトマップ

サイトマップは検索ユーザーが興味ある記事に辿り着けるようにする役割があります。

WordPress ではサイトマップを自動で作成してくれるプラグインがあります。

設定も簡単でデザインも選べるので便利ですから活用することを推奨します。

 

サイトマップを自動生成してくれる便利なプラグイン

 

お問い合わせページ

ブログに訪れたユーザーからのお問い合わせを受けるページを作成しておきましょう。

名前やメールアドレスやお問い合わせ内容などを入力してもらうテンプレートです。

WordPress ではお問い合わせページを簡単に作成できるプラグインがあります。

▼お問い合わせページを作成するプラグイン

 

プライバシーポリシーの掲載

プライバシーポリシーの掲載は必須です。

分からない人は本サイトのグローバルメニューにあるので参考にしてください。

プライバシーポリシー・免責事項

※コピペも容認していますので作成しておきましょう。

 

アドセンスの審査に通過しやすい記事の内容

当然ながら「昨日は美味しい焼肉を食べてきました」のような日記では、

価値あるコンテンツにはなりません。

しかし専門的な知識もない、プロのような文章力もない、と落胆しないでください。

価値あるコンテンツというのは「オリジナル性のある記事」なのです。

ど素人ならど素人なりの表現で伝えることが価値を生み出すのです。

 

例えば旅行に行ったとき発見したことなど、

どこの旅行雑誌にも掲載されてない情報はを記事にすれば有益な情報になります。

また仕事内容などのあなたの得意分野や知識が豊富にある趣味などの記事でもいいです。

ただし、著作権違反になる内容は避けるよう注意が必要です。

 

簡単に思いつくジャンルとカテゴリーを下記にまとめました。

✅ビジネス・・・本職、資格、認定など

✅スポーツ・・・野球、ゴルフ、サッカー、テニスなど

✅ グ ル メ ・・・レシピ、外食、食べ歩きなど

✅レジャー・・・旅行、アウトドア、ダイビングなど

✅ そ の 他 ・・・育児、語学、音楽、ペットなど

 

アドセンスの審査に通過しやすい記事の書き方

記事の書き方がアドセンスの審査通過のカギだともいえます。

以下の10のポイントを理解して記事を書いていくと良いです。

  • 記事タイトルを分かりやすくする
  • 見出しを付ける
  • 改行を上手に使って段落を意識する
  • スマホ表示も考慮する
  • 装飾を活用する
  • 箇条書きを使う
  • 画像やイラストを入れて補足する
  • 引用文や外部リンクで補足する
  • アフィリエイトリンクに注意する
  • 著作権に注意する

 

記事作成の注意すべき10のポイントの解説

記事作成の注意すべき10のポイントについて解説していきます。

 

記事タイトルを分かりやすくする

記事タイトルを見ただけでどんな内容が書かれているか分かるようにタイトルを付けましょう。

 

見出しを付ける

見出しタグ <h3> や <h4> などを使って記事を読みやすくしましょう。

見出しは記事タイトルと同様に何が書かれているのかがわかるようにしましょう。

見出しの『hタグ』は Google に認識させる役目にもなるので重要です。

 

改行を上手に使って段落を意識する

改行せず文字の羅列だけの記事はとても読みにくいものです。

改行を上手に使い段落を意識して読みやすくするように意識しましょう。

注意しておきたいことは、改行をし過ぎると記事本文が左に寄ってしまいます。

すると Google は「1行に書かれている文字数が少ない」と判断してしまいます。

Google の評価が下がらないように、なるべくなら「、」で改行せずに「。」で改行するようにしましょう。

 

スマホ表示も考慮する

スマホの普及もあり、スマホから記事を閲覧する人はかなり多いです。

せっかく改行を使って段落を意識しても、

パソコンの画面と違って幅が狭いため文章が詰まってる感が読者のストレスになったりもします。

スマホでの閲覧を考慮すると、改行を2回入れるとちょっと読みやすくなります。

 

装飾を活用する

黒い文字の羅列では何を強調したいのか、何が重要なのかが伝わりにくいです。

太文字」や「赤太文字」を使ったり「アンダーライン」を引いたりすると、

読み飛ばされたりしなくなります。

文章にも抑揚を付けることも大切です。

 

箇条書きを使う

文章ばかりでは面白味のない記事に思えてしまいます。

箇条書きを上手く入れていくことで要点の理解度が増し、しっかり読んでもらえる記事になります。

 

画像やイラストを入れて補足する

適度に画像やイラストを入れることで、読むだけではなく「見る」ことで理解が深まります。

また、画像やイラストを入れると記事全体のボリューム感が増す効果があります。

他にも動画を入れたりしてより理解を深める補足にもなります。

しかし著作権違反にならないように注意は必要です。

 

引用文や外部リンクで補足する

検索ユーザーのために有益な情報を提供するのであれば、

他のサイトの引用文や参考にしてもらいたい「外部リンク」を含むことが多いです。

他のサイトから文章を引用する場合は、コピーコンテンツとして判断されないように、

必ず『引用タグ』を使うことを推奨します。

更に専門的な説明で理解を深めてもらいたい場合は、

記事中に「参考 URL 」を挿入してあげると、検索ユーザーにとって有益な情報になります。

 

アフィリエイトリンクに注意する

アフィリエイトリンク自体を貼る行為は違反ではありません。

しかし、

アダルトコンテンツに該当するリンクやバナー表示は制限されていますので、注意が必要です。

また、記事内容に合わないアフィリエイトリンクや過度の宣伝広告は控えましょう。

記事の内容に合った商品やサービスを、適度に紹介することを推奨します。

 

著作権に注意する

画像やイラスト・動画を挿入する場合には、自分で撮影したものや無料画像サイトのものを使いましょう。

決して違法アップロードしたものは厳禁です。

 

記事作成で注意すべき3項目は?

 

Google アドセンス審査用の記事作成のコツ:まとめ

Google アドセンスの審査用の記事作成のコツについて解説しました。

『不十分な記事』と判断されてしまい審査が非承認にならないようにするため、

以下のチェック項目について最終確認することを推奨します。

 

最終確認のチェック項目

☐ 記事の文字数は少なくとも1,000~1,500文字は書けている

☐ 20~30記事の更新をしている

☐ 記事タイトルは分かりやすい

☐ 見出しを適切に使っている

☐ 改行、行間が適切に入っている

☐ 装飾をして文章に強弱がある

☐ 箇条書きできるところは使っている

☐ ファイルサイズは大きくない画像を挿入している

☐ 引用文や外部リンクを設定している

☐ アフィリエイトリンクが過度に貼られていない

☐ カテゴリー分けをして複数の記事が入っている

☐ グローバルナビゲーションを設置している(プライバシーポリシーは必須)

☐ ブログのページ表示の速度が遅くない

 

ブログの表示速度の確認方法

ブログの表示速度を確認したい場合は、無料サイトを活用しましょう。

ブログのページ表示スピードの計測(Google PageSpeed Insights)

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。