1分取引【簡単順張り】連続エントリー可能!

こんにちわ!バイナリーオプション大好き『かねやん』です。友人から「最速で稼げる手法は?」って聞かれて「そりゃー1分取引連打しかないでしょう!」と答えてしまって焦っています。通常5分足で取引しているので、1分足チャートは目が疲れるんです。(歳だから・・・)でも今回はとっておきの1分足攻略をしてみます。★★★☆☆

1分足では価格の変動が激しいと秒単位で勝敗が左右されてしまいます。従って『トレンドに乗っかった順張り手法』が最適と考えています。そこで移動平均線を使ったトレンド順張りをしていくのですが、今回はもう一つのインディケータで確実なトレンド相場を判断して、より強い根拠でエントリーしていくことにしましょう。つまり、負けを最小限にすることで資金を確実に増やすことができます。

エントリーの準備

それでは、エントリーのための準備をしていきましょう。いつもの通り【チャート】⇒【時間足設定】⇒【1分足】を選択します。1Mチャート

まずはインディケータの移動平均線『Moving Average』を入れていきます。【挿入】⇒【インディケータ】⇒【トレンド】⇒【Moving Average】をクリックします。

パラメータの設定は期間【20】としてラインの色を設定します。かねやんは『ピンク』にしています。出来たら【OK】をクリックします。

今回はあと2本の移動平均線を表示していきます。それぞれのパラメータを期間【50】と【70】に設定し、各ラインの色も変えておきます。かねやんは『黄緑』と『青』にしています。3本の移動平均線を導入すると下図のように表示されます。

次に【挿入】⇒【インディケータ】⇒【トレンド】⇒【Average Directional Movement Index】をクリックします。

パラメータの設定はデフォルトで大丈夫です。ラインの色をお好みで設定してください。

ADXはメイン線の他に「+Di(上昇の強さ)」と「-Di(下降の強さ)」が表示されます。今回はメイン線だけ使いますので【色の設定】でどちらも【None】にしておいてください。

最後にレベル表示で、【35】【40】【50】を追加しておきます。ラインの色をお好みで設定して【OK】をクリックします。

これでインディケータの導入が完了しましたので、エントリーポイントについて解説していきます。

エントリーポイントの解説

今回のトレードは「トレンドに乗った順張り手法」です。上昇トレンドの条件は移動平均線が上から短期(ピンク)⇨中期(黄緑)⇨長期(青)の順に並んでいることで判断します。更に、ADXの値が25を上回ったらトレンドが発生したと判断でき、基準線35を超えると『強いトレンド相場』と考えられます。つまり上昇トレンドの場合は、ADXの値が基準線35を下から上に突き抜けたローソク足(陽線)の次足で『Highエントリー』していきます。

逆に下降トレンドの条件は移動平均線が上から長期(青)⇨中期(黄緑)⇨短期(ピンク)の順に並びます。同様にADXの値が基準線35を下から上に突き抜けたローソク足(陰線)の次足で『Lowエントリー』していきます。

実際のチャート(上昇トレンド)を見てみましょう。

移動平均線が上から短期⇨中期⇨長期の順に並んでいるので上昇トレンドと判断できるので、エントリーチャンスが来たら『 Highエントリー』していきます。

ADXの値が基準線35を超えたローソク足に垂直線を引いてみました。この画面中では③⑤⑥⑧では「負け」となっております。この手法に限り1度限りのマーチンで勝率を上げることができます。

さいごに

ADXはトレンドの強さを表すインディケータであり、25以上でトレンドが発生したと判断できます。今回はより強いトレンドを狙って順張りしていく手法なので基準を35以上にしています。トレンドの強さはローソク足が移動平均線から離れていれば離れている程「強い」と判断できます。移動平均線に絡むようなローソク足の場合はエントリーを避けた方が良いことも覚えておいてください。

気付いた人もいるかと思いますが、更にADXの値が40を超えて上昇する場合は連打も可能なのが分かります。しかし、全ての足がトレンド方向になるとは限りませんので注意が必要です。資金に余裕がある人ならいいでしょうが、資金が少ない人にはオススメできません。  ⇒連チャンを狙うなら!

以上の注意点を忘れず、エントリーチャンスを狙うことで確実に勝てるスキルを身に付けていきましょう。1分取引なので何度もエントリーポイントが発生すると考えられますので、焦らずチャレンジしてみてください。この手法は5分足でも使えるので実践してみてくださいね。ではまたお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください