根拠強め!5分トレード攻略【最強!】

★★☆☆☆

こんにちわ!お馴染み絶好調の『かねやん』です。バイナリーオプションはかなり面白く、日々勉強並びに検証しています。やっぱり5分足が眺めていて飽きないです。でも眺めているだけじゃダメですよね。ということで、今回は5分足攻略の中でも最強の手法です。

以前にも『最強!5分トレード手法』を紹介しました。まだ実践していない人はぜひ試してみてください。負けが込んでいる人は、特に実践して欲しい手法です。今回もまた最強!と叫べる手法です。使用するインディケータはこの2つ、RSI(Rerative Strength Index)とBB(Bollinger Bands)です。では解説していきます。

インディケータの準備

それではインディケータを導入していきますので【チャート】⇒【時間足設定】⇒【5分足】をクリックしておいてください。

次に【挿入】⇒【インディケータ】⇒【オシレータ―】⇒【Rerative Strength Index】をクリックします。

パラメータの設定値は期間【8】にしておいてください。

レベル表示はデフォルトで設定されている【30】と【70】を使います。ラインの色と線種をお好みに設定して【OK】をクリックします。

最後はボリンジャーバンドなのですが、通常はチャート上に表示させますが、今回は先程導入したRSIのサブウィンドウ上に表示させます。【表示】⇒【ナビゲーター】をクリックすると、左側に一覧表示されます。

その中から【Bollinger Bands】をクリックしたままRSI上にドラッグ&ドロップしてください。

パラメータの設定は期間【20】偏差【2】、更に適用価格を【First Indicator’s Data】に変更して【OK】をクリックします。

導入が完了したら【✖】をクリックしてナビゲーターを閉じましょう。

それではチャートを見ながら、エントリーポイントを解説していきます。

エントリーチャンスの解説

まずは『Highエントリー』の条件から説明していきます。まずRSIの値が基準線30より下にあること、さらにボリンジャーバンドの下のラインに触れるか突き出たことが確認できたら、そのローソク足の次足で『Highエントリー』していきます。

『Lowエントリー』の条件は、先程の説明の逆ですね。今度はRSIの値が基準線70より上にあること、さらにボリンジャーバンドの上のラインに触れるか突き出たことが確認できたら、そのローソク足の次足で『Lowエントリー』していきます。

①では RSIが基準線70より上でボリンジャーバンドを突き抜けているので次足で Lowエントリーのポイントです。

②は RSIが基準線70より上でボリンジャーバンドに触れていないのでエントリーのポイントではありません。

③は RSI がボリンジャーバンドを突き抜けているのですが、基準線20より下にないのでエントリーのポイントではありません。

④は RSIが基準線30より下でボリンジャーバンドに触れているので次足でHighエントリーのポイントです。

⑤は RSI がボリンジャーバンドを突き抜けているのですが、基準線70より上にないのでエントリーのポイントではありません。

⑥は RSI がボリンジャーバンドに触れていますが、基準線70より上にないのでエントリーのポイントではありません。

⑦はRSI が基準線30より下でボリンジャーバンドに触れているので次足でHighエントリーのポイントです。

さいごに

この手法は強い根拠でエントリーするため、かなりの勝率が望めます。ラインが常に動いているため条件が揃うかどうかの見極めが大事です。条件が揃うポイントが少ないですが、確実にエントリーチャンスであることが分かります。初心者は必ずこの条件を守ってエントリーすることをオススメします。

RSIの値が30以下、もしくは70以上になると反発する根拠の一つです。またボリンジャーバンドに触れたり、突き抜けた時も反発する根拠であることを知った上で、今回例に挙げたポイント②③⑤⑥でも、結果的に「勝ち」になっています。一つの根拠だけでも高勝率がきたいできますが、「負け」のリスクは避けた方が謙虚なエントリーですよ。曖昧なポイントでのエントリーは「ギャンブル」になってしまい、資金を減らすリスクとなってしまいます。十分に注意をして実践してください。  ⇒簡単で高勝率!㊙エントリー手法

今回の手法では1マーチンまでのエントリー可能です。必ず守ってください。マインドが冷静でなくなって、気持ちに余裕がなくなっては必ず資金が底を尽きます。潔く負けを認めて次のチャンスを待つくらいの余裕をもって、日々のエントリーに励んでいきましょう!ではまたお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください