インディケータで裏付け!バイナリーオプション1分トレード攻略

バイナリーオプションで稼ぎまくる『かねやん』です。今回は、インディケータの特性から判断した1分トレード手法を解説します。裁量次第では連勝する驚異的な手法と言えます。★★★☆☆

ADX(Average Directional Movement Index)

ADXとは「平均方向性指数」と呼ばれています。一般的にトレンドの総合的な強さを表すテクニカル指標です。これを活用することで、上昇トレンドが強い時にHighエントリーする、また下降トレンドが強い時にLowエントリーするように「順張りの手法」です。

インディケータの導入と設定値

まず【チャート】⇒【時間足設定】⇒【1分足】をクリックしておきます。

【挿入】⇒【インディケーター】⇒【トレンド】⇒【Average Directional Movement Index】をクリックします。

次に設定画面が出てきます。【パラメーター】はデフォルトで期間【14】のままで大丈夫です。ラインの色はお好みに設定してください。

今回はメイン線のみの使用ですから「+DL」「-DL」は表示させないようにします。【色の設定】をクリックして、【None】をクリックします。

次に基準線を表示させます。【レベルの表示】⇒【追加】をクリックします。レベルは【25】を入力します。ラインの色は好みの色に設定して【OK】をクリックします。

取引の条件とエントリーポイント

ADXの推移が基準レベル25より上に推移するとトレンド相場と判断できます。チャートが上に進んでいれば『上昇トレンド』なので「Highエントリー」を狙います。

エントリーの条件は、まずADXがレベル25のラインを下から上に突き抜けた時のローソク足が「陽線」であり、その前のローソク足も「陽線」であることを確認してください。それが確認できて、次のローソク足も「陽線」であれば、狙うチャンスポイントです。つまり、陽線が3本続いて出現したら、次足も「陽線」になる可能性が濃厚と判断して『Highエントリー』します。これは【三兵の攻略】に学んだ手法です。

『Lowエントリー』のポイントも同様なので、実際のチャートで解説します。

上図ではADXの値が基準線のレベル25を超えたポイントで垂直線を挿入しました。①は陰線でその前のローソク足も陰線です。次足も陰線になったので、その次足で「Lowエントリー」のチャンスポイントであることが分かります。勝てたポイントです。

②は陰線で前足も陰線です。しかし次足が陽線になったのでエントリーポイントではありません。

③は陽線で前足も陽線です。次足も陽線になったので、その次足で「Highエントリー」のチャンスポイントになります。このポイントでも勝てたポイントです。

④は陽線で前足も陽線です。次足で陽線が確認できなかったのでエントリーポイントではありません。

さいごに

今回は『三兵の攻略法』を活用して、より確実なエントリーをするためにADXから判断した手法です。しかし、いつも言っているように100%勝てる手法ではありません。しっかりと見極めが大切だということは頭に叩き込んでいてください。トレンド相場を見極めることで、その流れに乗って「順張り」することで勝率アップとなる可能性が高いので、役立ててください。ではまた、お会いしましょう。  ⇒更に勝率をあげるには?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください